大学受験予備校 駿優 宇都宮校
入学相談・入学受付
(高卒)大学受験科生受付中
◇「2020年度(新学期)入学案内書」の
 請求はこちらから
 ⇩

資料請求・お問い合わせ

第7期生「合格者喜びの声」のページへ→

第6期生「合格者喜びの声」のページへ→

第5期生「合格者喜びの声」のページへ→

第4期生「合格者喜びの声」のページへ→

第3期生「合格者喜びの声」のページへ→

第2期生「合格者喜びの声」のページへ→

第1期生「合格者喜びの声」のページへ→







東北大学(工)

明治(理工)

Aさん(矢板東高校 卒)

浪人の結果は自分次第でどうにでもなる
 浪人を決めた当初、私は行きたい大学へのこだわりがありませんでした。国立であればどこでもいい、そんな心構えでした。同時にそんな気持ちで浪人生活を送っていいのか、そんな不安を抱えながら浪人が始まりました。
 前期は自分の知識の浅さ、狭さを痛感しつつ、それを蓄えるのがひたすらに楽しかったです。現役で得られる知識と浪人中に得られる知識の量にはかなりの差があると思います。(あくまで個人的な意見ですが。)
 夏期講習では、前期と後期の橋渡しのような授業が、展開されます。前期よりも試験本番に近い実践的な問題が、使われると思います。そこで前期で得た知識を使える場面があるかもしれません。
 その後の後期では、夏期よりも実践的になります。私は選抜クラスのことしか分かりませんが、問題は正直難しいです。しかし、その問題から何を得るのか、何を生かせるのかこれを意識するだけで解く意義は断然違うと思います。むしろ得るものがあるからこそ、その問題が選ばれているはずです。
 冬期講習は正直1番難しい時期でした。難しいというのは問題の難易ではなく、センターと二次の両方の対策の時間の割り当てを考えなければならないグレーゾーンだからです。これはもう色々な人のアドバイスを受けるしかないのかもしれません。谷川さんや講師の先生方を頼りましょう。
 センター後の直前講習では自分の「武器」の確認と最終調整の時期だと思います。ある程度まで行くとやることが無くなります。そして「なるようになれ」と開き直れます。ぜひその状態になってほしいと思います。
 最後に、浪人は正直自分のやりようでどうにでもなると思います。(伸びるのも、変わらないのも。)自分から主体的に動いて行きたい大学の合格を掴んでほしいと思います。
※行きたい大学は頑張っていくうちに見つかると思います。頑張って!
東北大学(文)

神奈川(人間科)給費生

Dさん(宇都宮高校 卒)

運命に抗うことを決断した方々へ
 私は現役時代、東北大や早稲田大、千葉大後期を受けたが結果は不合格だった。身の程知らずであったことは自覚している。そうして失意の中、私はこの駿優で浪人生活を送ることを決めた。
 浪人生としての一年間は自分を大きく変えてくれた。駿優のおかげで私は志望校に合格する力を身につけることができたのである。私は当初、自転車で通学できる点でここに入学することを決断したのだが、駿優の魅力はこれだけに留まらなかった。
 まず私達は、一年後の受験から逆算して構成された授業を受けることができる。段階的に生徒が実力を涵養できるよう綿密に計算されているのである。自分が着実に合格へと近づいているのを感じられることだろう。
 次に、駿優は自ら主体的に学習できる環境を整えていることが挙げられる。例えば添削や相談。駿優宇都宮校では講師が時間を作ってくださるので、添削の依頼や相談をしやすい。自分のための、熟練した講師による客観的な意見を取り入れるのが容易なのだ。また、自習室の存在も忘れてはならない。厳正なルールのもとで作り出されたこの空間の中で私達生徒は十分な集中力を以って勉強に望むことができる。
 今回駿優への入学を検討または決断する方々、ここは優れた環境を持っており、講師陣やスタッフの方々はあなた方のために尽力してくださる。後は今年突き付けられた不合格という運命に抗う決意を抱き続けるのみだ。浪人生活は正直言って辛く苦しいものだ。模試の結果に涙を流し、できない自分に憤慨することも多い。しかし、時間を潰す原因を廃し、生活リズムを整え、常に勉強に励もうと努めることで最後には望ましい結果を得られるはずだ。健闘を祈る。

慶應義塾大学(理工)

早稲田(先進理工)・明治(理工)
同志社(理工)・北海道(工・後期)

cさん(國學院大學栃木高校 卒)

浪人概論〜ここから一年をどう過ごすか〜
 昨年受験がうまくいかず浪人を余儀なくされ、大手予備校に多大な時間と労力をかけて通うのは割に合わないと思い、この駿優宇都宮校への入学を決意しました。
 駿優の講師陣の授業はある単元に対して、その成り立ちや核心まで掘り下げて解説してくれるので自分で勉強を進める上で大きな効果を発揮してくれます。また、疑問点を質問すれば懇切丁寧に教えてくれるし、受験勉強に関する不安や疑問があれば親身になって聞いてくれます。担任、副担任も日頃から声をかけてくれたり、受験の相談にのってくれたりします。これは大手予備校ではあり得ないことでしょう。
 授業と自分の勉強との兼ね合いについて述べたいと思います。前期では、どの科目も基礎を徹底的にたたき込まれます。そのため予習と復習にほとんどの時間を費やすので、自分でやった問題集をやる時間はないと思ったほうが良いでしょう。無理してやろうとすると、どちらも中途半端になってしまうので(経験済み)まずは駿優のテキストに集中すべきです。後期になると前期に比べかなり時間的に余裕ができますが、数学のテキストが格段に難しくなります。やはり自分の勉強がのびのびとできるのは夏と冬の休みの期間と直前期だけですね。
 この一年を振り返ってみると、つらかったけど充実しており、終わってみると楽しかった、という感じです。これから浪人生活を迎える人たちは不安でいっぱいだと思います。しかし、この一年を悔いなく終えられるかどうかで、その後の人生に影響するものは大きく変わってくると思います。ですから、やる気を出して頑張って勉強して下さい。応援しています。拙い文章でしたが、参考になれば幸いです。
埼玉大学(工)

芝浦工業(工)

Fさん(下館第一高校 卒)

私の受験の軌跡
 私は茨城の田舎出身で、通学だけでも数時間かかるような生活でした。ですが、この予備校の手厚いサポートのおかげで、最後まであきらめることなく勉強することができましたので、第一志望だった埼玉大学に合格することができました。
 この予備校の強みとして、少人数だからこその講師と生徒との距離感の近さが挙げられると思います。授業中に疑問に思った点をすぐに質問し、理解することができるのは、大規模な予備校にない点だと思います。特に私は二次試験で化学をベースにした英文を解くという特殊な問題だったので、対策用の英文を化学の福田先生からいただいたり、小論文の対策のために担当の目黒先生から課題をいただくことができたので、当日も気負いすることなく、落ち着いて受験することができました。
 次に、私が受験を通して感じたことは、一科目だけでも武器にすることができると、自信をもって受験できるということです。私は化学に関してなら、だれにも負けないと思えるくらい勉強したので、本番で見たことが無い問題はほとんどなかったですし、もし解けない問題があっても差がつけられることなく合格することができました。
 最後に、私が受講して良かったと感じた講座やテキストを紹介して終わろうと思います。
・数V標準(夏期・冬期・直前)
 複素数平面も微積も受講することをおすすめします。基礎レベルから標準-発展レベルへのステップアップとして使うといいです。
・化学-平衡(夏期)
 この講座を受け、完全に理解することで電離平衡の分野では絶対に負けることが無くなります。理系であれば必ず受講すべきです。
・化学-有機(冬期)
 二次で問われることの多い有機の頻出問題がバランスよく載っていて、理解度を高めることができます。二次に化学を使う人は是非。

埼玉大学(経済)

Hさん(宇都宮南高校 卒)

駿優予備校について
 今年浪人が決まったみなさんの中には現在、宅浪するor駿優予備校に通うor大手予備校に通うという3つの選択肢に悩んでいる人がいることと思います。そこで前年度駿優予備校卒業生のこの私が宅浪生だった友達や大手予備校生だった友達とのエピソードも踏まえ、違いを書いてみようと思います。
 まずは宅浪生の友達についてですが、彼いわく宅浪は折れやすく辛かったそうです。最初の2ヶ月程度なら来年こそは!と意気込んでやる気を出せるかもしれませんが、人間である以上そのやる気には限界が来てしまいます。彼も同様に途中で完全に泥沼にはまってしまったそうです。が、私は違いました。なぜか。それは高みを目指し考えられた授業と“生身の”先生があったからです。授業の内容は東大や早慶の問題を取り扱うこともありますが、相当作り込まれたテキストを用いながら丁寧な解説で理解を深めていくことができます。また、“生身の”先生だからこその熱のこもった言葉に励まされたことも一度や二度ではありません。
 次に大手予備校生の友達についてですが、彼と話したときに授業の難易度はこことそれほど差はないようです。ですから正直彼に対してわざわざ遠くに行く必要はなかったのにと思っていました。
 そして駿優予備校についてですが、まずはスタッフ陣の話しやすさと親切に助けられました。意外にこれは重要なことで、心をリフレッシュすることができます。また、生徒数が小規模なので先生たちに質問をしにいきやすい上、顔や名前を覚えてもらえて的確なアドバイスをもらうこともあります。
 ここで話は変わりますが、やはり浪人生として高校時代よりも気が引き締まっていたとはいえ後悔も多少はありました。そこで最後にアドバイスをいくつかしておきたいと思います。第一に、先生の話は一言一句聞き漏らさないつもりで、その時間の内に全てを覚えること。これは文系のエリートがやってました。寝てしまっては、ただ金をドブに捨てているだけになります。最低この一年は踏ん張って最強に燃えている自分になってください。第二に、調べても分からない箇所はためらわずすぐに先生に聞くこと。自分なりにまとめるのもいいですが、それで無駄に時間と労力を費やすならば活用できる人をぜひ活用すべきです。+αの情報、例えば受験テクなどを教えてくれるかもしれません。第三に、目標大学は春のうちに決めて志望校の同じ人と共に刺激を与え合って勉強に励むこと。コースが難関と一般に分かれていますが、初め一般コースだった私は友達兼ライバルの影響で難関コースに移動しました。その結果前よりもモチベを上げることができました。ただ友達付き合いは注意すべきです。私は後期(9月以降)から人間関係に悩みを抱えて勉強に手がつかないときがありました。
 以上ですが、合格体験記とは言えないかもしれないので、リアルな一年間の経験を知りたい場合はぜひ他の卒業生の体験記を拝見して、浪人生活の“素晴らしさ”を知ってもらいたいです。
電気通信大学(情報理工)

青山学院(理工)・中央(理工)

Iさん(宇都宮高校 卒)

合格体験記
 自分は現役時代碌に勉強をしていませんでした。当時は“あんな問題解けるわけないだろ!(実際難しい)”と考えていた上、浪人を負い目としない校風もあり、危機感に欠けていたと思います。かくして私は滑り止めの一校を除いて全落ちし、浪人生となりました。
 駿優に入学した理由、それは近さです。大手予備校は一番近くても大宮校であり、下宿するにしても出費が大きすぎました。また駿優であれば通学時間も短く抑えられます。
 初めて駿優の校舎を訪れると、おそらく多くの方が規模の小ささに不安や不満をおぼえることと思います。しかしこれは決して大手に対し劣る点ではないのです。私はむしろ有利であるとさえ考えています。大手と比べると明らかに講師の方々との距離が近いのです。決して埋もれるということがありません。質問もその場で行っても何も問題ありません。“大手の方が講師の質が良い”といった考えはただの偏見に過ぎません。どの先生方もその道を極めていらっしゃる上に私たち生徒に対してとても親身になって対応して頂きました。その中でも私が特にお世話になったのは、角田先生と石神先生です。改めてお礼申し上げます。
 国公立理系選抜クラスに編入され、難関大の授業を受講しながら苦手な理科の基礎クラスの授業も全て受講しました。大変ではありましたが、基礎クラスの授業にも出席して良かったと思います。選抜クラスの方も受講してみると新しい発見がありますよ。
 この一年は自分の進みたい研究室がある大学を目指して勉強に励んできました。やる気さえあれば、どんなに出来なかった人でも成績は伸びます。私は今回の受験でMARCH二校と国公立大学に合格することが出来ました。この結果には満足しています。皆さんも第一希望を貫けるよう、大学から応援しています。

信州大学(理)

東京農業(地域環境)

Kさん(栃木高校 卒)

駿優での浪人体験記
 私は高校時代、落ちこぼれの底辺層でした。周囲との学力のビハインドを自覚しつつも、自らを律することができず、センター試験は失敗、下げた志望校も不合格となりました。そこで当時の担任に勧められたのが、ここ駿優宇都宮校でした。勧められた当日に当校を訪問し、直ぐに入学を決意したわけですが、以下にその事由となった駿優の魅力を紹介したいと思います。
 先ず、家からの通学時間の短さです。宇都宮周辺に住む人にとって駿優の立地は非常にアクセスの良いものです。二つ目は、少人数制の授業です。講師と生徒の距離が近い分、気軽に質問に行けることは大規模な予備校にはない利点です。以上のことは他の方も挙げていますが、駿優を選択する重要な要素であったと思います。
 前期は授業を含め、基礎を徹底的にやり直す期間でした。特に生物、化学に関しては、資料集や化学の新研究を参考に、現役時にどこが理解できていなったのか、どこがポイントだったのかを考えながら、全範囲を2週間程度かけて良いのでノート一冊分に纏めておくと以降の学習効率は上がると思います。後期に入ってからはより実践的な入試問題を扱うようになりました。課題は前期に比べて少ない分自らを律しさらに計画的に勉強する必要があります。センター後にはいよいよ志望校も定まり、より具体的な対策を行う訳では有りましたが、私の志望校の問題傾向は特異でなかなか演習を進めることができませんでした。しかし、谷川さんや田中先生には最後まで親身になって対応していただき志望校に合格できました。浪人生の利点は入試本番迄の流れを一度経験している分、俯瞰的に計画できる点にあると思います。是非その利点を活かし志望校合格を勝ち取ってください!
 拙い文章ではありましたが少しでも読者の為となったならば幸いです。
 最後に、一年間暖かく支えて下さった駿優スタッフの皆さん本当にお世話になりました。
静岡大学(人文社会科)

立教(現代心理)

Lさん(宇都宮高校 卒)

合格体験記
 浪人生としての一年は、僕にとって怠け者でめんどくさがりな自分との戦いでした。僕は去年の三月から、現役の頃に受験した国立大学を受験しようと決めていて、正直そんなに頑張らなくてもいけるだろうという気持ちがありました。しかし同時に、この油断は一年を無駄にしてしまうだろうという危機感を抱いていたので、駿優予備校に入学しました。僕は県北に住んでいたので他の予備校よりも近く、電車内で過ごす時間が長すぎないところ、それに加えて宇都宮駅から徒歩5分で着くところがとても便利で助かりました。あとコンビニも近いです。
 駿優での一日の過ごし方は、授業をベースにして、その予習、復習を自習時間に終わらせることが基本的な過ごし方でした。
 講師の方々は、生徒の様子を見ていたり、話しかけたり、質問したりしながら授業をしてくださるので、怠け者の僕でも集中して受けることができました。
 担任の先生方は、登校時や昼休み、授業間の休憩中に仲良く接してくださったり、勉強の指針や進路について具体的に指導してくださったりしていただいたので、モチベーションを維持でき、前向きに勉強できました。
 授業の時に先生から次までにやっておくことを伝えられますが、ほとんどはできるだけ早めに終わらせることを意識し、わからないところを確認して授業に臨みました。そして帰りの電車の中でその日の授業の内容をなるべくノートなどを見ずに思い出し、忘れないようにしていました。
 この一年間を振り返ると、正直トータルで辛かったです。しかし、最大の目標である第一志望の大学に合格することは、怠け者の僕を支えてくれた、この駿優予備校に通っていなかったら達成できなかったと本当に思います。一年間お世話になりました。ありがとうございました。

新潟大学(法)

学習院(法)

Nさん(大田原高校 卒)

一浪目の不合格体験記
 私は駿優に2年も通学しました。結果的には、今年無事に合格しました。しかし、これを読んでいる皆さんには、私と同じ失敗をしてほしくないのです。なので、私は一浪目にどんな失敗をしたのかを書きます。私を反面教師にしてみて下さいね。
 まず現役生としての受験を全敗した私は、みなさんと同じように色々な予備校を探していました。そんな中私は、高校の先輩にオススメされたり、通学に便利と言う理由から、駿優を選びました。こうして私は駿優で再スタートをしたのです。一浪目の私は国文IIを選びました。授業に関しても、出席はもちろん、予習や復習もある程度していました。そして、日々行われる小テストに関しても、まぁまぁやっていたと思います。模試などの判定をみても、現役の時より良い結果が多く、後期からは国文Iに出席させてもらい、今年はいけるぞと思ったりもしていました。
 しかし、一浪目の結果は国立全落ち、白◯大学合格、学◯院大学&国◯院大学補欠、という目もあてられないものでした。きっと、これを読んでるみなさんの中には、自分がこんな結果になるはずがないって思っている人もいるでしょう。けれども、私のような結果になる浪人生はレアケースじゃないと思います。とにかく、ここまで読んでも、自分は大丈夫だと思っているあなた!すでに黄色信号だと思います!
 では、こんな一浪目を過ごした私が二浪目に何を変えたのかを具体的に書きますね。正直な所、授業や小テストは一浪目と同じくらいの頑張りでした。まぁどれも二回目だったので、復習のような感じでしたからね。ですがここで一つ発見があったのです。授業で扱うものはほとんどが解いた事のある問題なのに、新鮮に間違えるんです。しかも、恐ろしいことに、1年前の自分と一言一句違わずに間違えたりもしてるんですよ。こりゃ落ちるわ、と思いましたね。ですから、ちょびちょびとこまめに復習をするようにしました。
 さらに、二浪目の私は先生の使い方が上手くなっていたと思います。駿優には常に先生がいるわけではないのです。なので、私達は先生の予定を把握し、それに合わせて勉強を進め、添削なり、自主的に小テストをしてもらったりする必要があります。あとは、先生方の休憩時間を貰って、過去問の添削や小テストをしてもらうので、先生の所に行く時はかなり気合いを入れて行ったのもポイントですかね。
 まぁ二浪目の私はさぞ勉強した様な書き方になりましたが、一浪目の時と勉強量は変わっていないと思います。もっと勉強量あったらもうちょい頭良くなってたのかしら笑。とにかく、駿優である程度勉強に取り組んでいる人達の合否は本当に紙一重なのでしょうね。こんな私の話が少しでも、みなさんの役に立てば嬉しいなぁ。では、みなさんはしっかりこの1年で合格して下さい!試験変わって不安だろうけど、先生方について行きゃなんとかなるだろう!がんばれ〜!
新潟大学(法)

立教(法)

Oさん(宇都宮高校 卒)

浪人を終えて
 現役生として挑み不合格となった入試から一年が過ぎ、無事に国立大学に合格できました。浪人したこの一年で得た大切なことを述べます。この春から浪人する方々の参考になれば幸いです。 まず、現役時代と同じように規則正しい生活を維持してください。これが意外と難しかったりします。浪人生には現役生に比べて時間が大量にあります。しかし、時間が大量にあるが故に集中して勉強しなかったり、勉強せずにだらけたりします。このような事態に陥らないために休日も自習室を利用することを習慣にするのがよいです。
 次に、不合格の悔しさを忘れないことです。周囲の友人が大学生活をスタートするのに対し、自分はもう一年浪人することになった。この悔しさによって、誰もが5月くらいまで死ぬ気で努力します。しかし夏が迫ると浪人の悔しさを忘れ勉強量も減っていきます。夏休み明けには授業に出なくなる人も少なくないです。だから、今抱えている悔しさを絶対に忘れないでください。
 ここまで浪人生の怠けについて長々と述べましたが、まさに浪人生活の最大の課題は怠惰です。浪人生は現役生に比べ一年分のリードがあるので単純に考えれば負けるはずがないのです。しかし浪人しても再び失敗する人は多く存在し、大半は怠惰に上手に対策できなった人たちです。学習方法と同じくらい大切なのが怠惰への対処であることを忘れないでください。
 この一年はとてもつらい一年となります。時には不安で押しつぶされそうになる時もあるでしょう。しかし、この浪人生活も人生における糧になります。親や先生への感謝を忘れずにがんばってください。

新潟大学(人文)

東京女子(現代教養)

Qさん(宇都宮北高校 卒)

 高校を卒業し、友人たちは引っ越しやバイト探しに追われていたであろう3月下旬、私は国公立は疎か、私立大学すら合格できず、途方に暮れていました。そんな時、親が駿優で体験授業をやっていることを教えてくれたのがきっかけでした。費用を見て迷ったりもしましたが、パンフレットに書いてあった「いける大学ではなく『行きたい大学』へ」という言葉に惹かれて、駿優に入学しました。
予定表などが配布され、小テストの多さに驚きました。毎週このように英語や漢字の小テストがある、ここで現役の時の自分を思い返しました。週1回の英語の小テスト、まじめに取りくんでいたかといえば、答えはいいえでした。しかし、現役と同じことをしていては何も変わらない。この小テストを毎回きちんとこなしたら、どれだけの単語が覚えられるのだろうと少しワクワクしたのを覚えています。1年継続するのは、簡単なことではありませんでしたが、この小テストのおかげで単語を覚える習慣もできたと思います。1年前は碌に書けなかった英作文も、少しは書けるようになったのではないかと思います。英長文や文法を複数の先生に教われるのも良い点だと思います。
 また、記述の解答を添削していただけるのも有難かったです。特に現代文では、授業で解答ポイントについて丁寧に教えてくださるので、大変役に立ちました。
 さらに、得意科目であった日本史への関心も高めることができました。高校の授業では習わなかった細部も知ることができ、より楽しく勉強ができたと思います。
 最後に、私は最初からやる気満々で意欲的だったとは言い難く、つらいときもありましたが、「行きたい大学」に行けた今、駿優に入学して良かったなと思っています。
新潟大学(経済科-後期)

立命館(経済)

Rさん(宇都宮短期大学附属高校 卒)

浪人するとは
 私は現役生の時、受けたすべての大学に落ちてしまい浪人することになりました。私は浪人当初、両親に迷惑をかけまいと宅浪を考えていましたが、高校の恩師や浪人を経験した先輩から予備校に通った方がいいというアドバイスを受け、駿優予備校に通うことを決めました。実際、大学受験を終え考えてみるとこの選択は間違っていなかったと思います。
 駿優予備校に通い始めた当初、私は高校時代の自分の勉強意識の低さ、そして自分が何としてでも行きたい大学へ合格してやるぞという意志の弱さを痛感させられました。私の周りの人たちは泣くほど必死に勉強をし、それでも届かなかった第一志望校を目指し、もう一年頑張ろうと決意していました。私はこのような人たちを見て感化され、初めて自分も周りのみんなに負けないくらい勉強を頑張ろうと思いました。
 私は浪人生になってから国公立を目指したため、初めは分からないことだらけでした。特に理系教科は全くのゼロスタートであり、授業についていくだけでも一苦労でした。しかし、予備校の講師に分からないことをすぐに聞きにいける環境が駿優予備校には整っていたため、私はその環境を有効活用し、ほぼ毎日質問をしにいきました。また、勉強や生活、受験について不安があるときには、教務の方々に相談に乗ってもらい、メンタル面でのサポートもしていただきました。その結果、私は夏が終わる頃には自分が行きたいと考えていた大学に手がとどくほどまで成績が伸びていました。そして最後の模試では、A判定を出すことができました。
 しかし、私が伝えたいことは、どんなに努力をしても必ずしも結果は伴わないということです。私は結果的に第一志望には合格することはできませんでしたが、後悔は何一つありません。何故なら、これ以上の努力はできないと胸を張って言えるからです。また浪人という経験を通し、ただ大学に受かり、行ければ良いと思っていた現役時とは違い、大学で本当に自分がしたいことを見つけることができました。
 私は浪人とは受験に失敗したからやる後ろめたいことではないと思います。浪人をすることとは自分を見つめ直し、自分自身を変えることだと私は考えています。

宇都宮大学(地域デザイン科)

Tさん(宇都宮高校 卒)

先生方やスタッフの皆様に感謝!
 ちょうど1年前の私は、思うように勉強が出来ませんでした。センターは5割をきってしまって、もうどこにも行く道が無いと思い、お先真っ暗でした。浪人することに決め、駿優の体験授業を受けてみて雰囲気が良かったことや家から近いということもあって入学を決めました。
 高校時代から特に苦手意識のあったのは物理で、受けてきた模試の成績は壊滅的で、出来るようになりたいと思ってはいたものの、自信は全くありませんでした。
 授業がスタートし、前期は基礎の積み重ねでした。その基礎ですら抜けていることが多いことに気付きました。身構えていた物理ですが、授業が分かりやすくて、初めて理解することができてとても嬉しかったです。先生の手書きの解説プリントも配られ理解する助けになりました。マークテストも40点以上上がり、そこで自信が付きました。
 また、その一方で、自分は自制心が無いので、自習室を積極的に利用して授業の予習を行っていました。
 後期に入り、二次に向けての授業が始まると、前期授業で理解が浅かったところや後回しにしていたところのボロが出てきてしまいました。これは一番の反省点です。しかし、夏期講習のテキストを一から取り組み理解するまでやりました。
 勉強をやって損をすることは本当に無いなぁと思います。受験のためにはすべてが必要なことでした。自分を信じて前へ進んで欲しいと思います。
防衛大学校(理工)

群馬大学(理工)

Uさん(文星芸術大学附属高校 卒)

愚直に努力し続けた一年間
 私は現役時代、前期、後期ともに国公立受験に失敗し、一年間限定という条件での浪人を決意しました。通っていた高校の担任の先生の勧めもあり、駿優予備校を選びましたが、一番の決め手となったのは通学距離です。私の友達は首都圏の予備校に行きましたが、それだと通学に時間を要し、十分な勉強時間を確保できないと思います。設備もしっかりとしているうえに、講師の質も高いので、わざわざ遠くの予備校へ行く必要はないでしょう。
 予備校へ行けば学力も上がるだろうと思っている人もいると思います。私も入校当初はそう思っていましたが、それでは学力は伸びません。それなりに努力しなければ、現役時代の自分と変わらないでしょう。変えなければ志望校に合格はできないので、常に必死に勉強しましょう。駿優で使っている教材は非常にボリュームがあるので、予習はしっかりとする必要があります。そして、分からなかった部分を授業の中でしっかりと理解させ、その後、復習を何回もすることで、自然と学力は上がります。ただし努力次第です。週に一回、漢字、英単語、数学のテストもあるので、こちらの方もしっかりやりましょう。授業が入ってない時間には自習ができるので、予習や復習に時間を使ったり、参考書の問題を解くことができます。自習時間を有効に使うことが重要になります。
 浪人生活は想像以上につらいです。精神的にきつくなる時期もあります。四六時中勉強するのも体に悪いので、適度に身体を動かすことも必要です。ちなみに、わたしは夜にジョギングをしていました。夜に身体を動かすとぐっすり眠れるので、授業中に睡魔と格闘しなくて済みます。どうしても行きたいと思う大学があるならば、血の滲むような努力をしましょう。報われない努力なんかありません。頑張れ!

群馬大学(社会情報)

Wさん(鹿沼高校 卒)

運命の選択
 こんにちは。この文章を読んでいるということは、あなたは今、浪人するか否かの選択を迷っている、ということなのでしょう。しかし、もう答えは決まっています。だってそうでしょう。もしあなたが現状の自分に満足しているのなら、予備校のパンフレットなんて開くはずがないのだから。この世には、大学は山ほどあります。名前を書くだけで入れてしまうようなものもあるでしょう。しかし、あなたはその道を選ばなかった。それは何故か?あなたが、高い向上心と、自分の人生に対しての強い責任感を持っているからです。まずは、それを認めてください。そして、自分はもう一度輝けるんだと、自分に言い聞かせてください。
 「浪人」は、善ではないが、悪ではない。よく考えてください。「夢に向かってもう一度努力する」ということが、どうして悪になりうるのでしょうか。もちろん、余計な時間もお金もかかります。浪人生は辛いです。しかし、自分の本当の気持ちに嘘をつき、偽りの笑顔で四年間を過ごすより、今ここでもう一度戦い、最高の笑顔で四年間を過ごした方が、より素晴らしいあなたになれるのではないでしょうか?
 運命とは、受け入れるべきものではなく、自ら選び、創り出すものなのです。それはすなわち、行動の選択です。数多の選択の上にあなたの今があるのです。もし、願いを叶えてくれる神様がいるのだとしたら、それは今のあなたです。「浪人生」というこの一年を、「人生」という名の映画における、最高の名場面にしてください。今の僕が、そうであるのと同じように。
山形大学(農)

東京農業(農)

AGさん(大田原高校 卒)

 私が一年間合格を目指してやってきたことを2つの教科に焦点を当てて伝えます。
 1つ目は地理です。理系にとってこの教科の優先順位は低いと思います。実際、私も5教科の中で自習時間が一番少なかったです。ですが、短時間でキーワードをおさえる。これを意識していました。そのために積極的にやっていたことは、メモと質問です。駿優の地理の授業形態は問題を解く、解説を聞く、の繰り返しで、基本的に板書はありません。私は解説を聞くなかで重要な言葉を付箋に書き、それをテキストに貼っていました。空き時間や授業前に復習するためにです。能動的にやっていたこともあり付箋の内容は印象が残りやすかったです。質問では問いの正解、不正解に関わらず不可解に思った点はどんどん質問しました。質問をするにつれ、質問の内容も濃くなり、先生の返答もタメになることばかりでした。他の教科でも言えることですが、自ら行動してみてください。私はそれが特にできたのが地理でした。
 2つ目は生物です。おそらく、ほとんどの人の参考になりませんが私の決断の1つなので書きます。現役の時、私は物理と化学を選択していました。そして、浪人し、生物を薦められ、物理を生物に変更することを決めました。ゼロからのスタート。いろいろ心配なことがありました。ですが、生物をやることで大学でやりたいことが広がりました。ただ大学で農業を学びたいという漠然と考えていた自分が、遺伝子やホルモンなどをもっと深く学びたいと感じるようになりました。先生方の助けもあり、センターでは7割弱、二次では試験科目にし、合格を勝ち取りました。農学部、医学部を目指す方にこのような選択肢があることを心に留めていただければ幸いです。
 最後に、浪人は決して悪いことではありません。むしろ、自分の可能性を広げる1つの機会です。最後まで精一杯がんばってください。

高崎経済大学(地域政策)

AJさん(大田原女子高校 卒)

駿優でのこと
 私はこの1年間駿優でたくさんの事を学び得て合格することができました。その中でよかった点2点をあげます。
 1つ目は授業です。前期は基礎から丁寧に教えてくれるし、高校では得られなかった知識もたくさん身に付きます。その知識を得るごとに現役生と1つ差がついたと嬉しくなりました。後期は応用で前期にやっておけば解ける問題が多かったです。私は苦手な数学を後回しにして後期辛かったのでみなさんは前期のうちに苦手な教科は徹底的にやってください。本当に後悔します。
 2つ目は駿優の先生方や周りの環境の良さです。やる気がなくなると毎回スタッフの人と話していました。気休めにもなるしやる気も出させてくれます。何かあるとすぐに気にかけてくれるし何でも相談に乗ってくれました。どれだけスタッフの方々に救われたことか…。また自習室も集中しやすく、赤本や青本など豊富にある過去問や参考書も利用できるので毎日何冊も借りていました。まじありがたい!
 そして個人的にですがオススメしたいことがあります。それは、一番前の席に座ることです。(特に古文と漢文)私は授業中にさされるのが嫌で後ろの席に座りがちでした。そのせいか怠けてしまい予習をやらない日が多くなってしまいました。一番前に座ることでさされるプレッシャーから予習せざるをえないし、どこを問われるか分からないから文中にでてくる単語と間違いやすい単語や関連する単語、同じ意味の単語なども覚えました。そのおかげで点数は上がったし精神面でも鍛えられました。前期にさされて間違えて赤面し涙目になっていた私が、さされて間違えても動じずちゃんと覚えて次に生かそうと前向きにとらえられたので効果はあると思います。
 最後に、思った以上にこの1年は辛いです。自分を追い込みすぎずに頑張ってください。ちょっとしたことでも続ければいい結果になってかえってきます。応援しています。
早稲田大学(文)

早稲田(教育)・明治(文)

eさん(大田原高校 卒)

俺の生き様
 第一志望に受かる要因は何か、と聞かれても一概に答えられるものではありません。なので、実際に第一志望に合格した私の経験からいくつの要因を考察してみました。
 まず、勉強面の話をします。各教科をどうやればよい、といった詳細な話は個人差がありますし、私自身納得のいく解答を得ていないため何とも言えません。しかし、受験勉強というものを大きく、@基礎の定着、A入試問題、の対策の二つに分け、その二つのバランスを自分で考えたり、先生方と相談したりする意識は肝要だと思います。
 次に生活面。よく規則正しい生活が強調されますが、まさにその通りだと思います。実際私の生活を振り返ると手帳が不要なほど単調なものでした。起床、就床、登校する時間、勉強するタイミングの固定化を図るとよいでしょう。
 そして精神面。これはもちろん絶対に志望校に合格する意志、と言いたいところですが、全員が一年間走り続ける強さを持っているわけではありません。だからといって楽観的に物事を考え直前まで何もしない、というのも良くない。先の話につながることですが、日々の受験の動機を精神的要因外のものに委託することが得策でしょう。つまり、成り行きのわからない感情というものの伺いを立てるより、勉強のルーティーンを確立した方が良いということです。
 最後に私立文系志望の時間の使い方について。周りに比べて時間はあり余ると思いますが、その余った時間で数をこなすというよりは、深さにこだわる勉強をする意識をしてほしいです。先に勉強の動機を精神外に依拠させると書きましたが、それはあくまで期限の決められた受験勉強の効率化のためです。物事の深い部分と真剣に向き合う経験を通して、受験という枠を超えた学問への欲求が芽生えるかもしれません。私大志望はそのような機会に恵まれていると思っています。

立命館大学(産業社会)

oさん(作新学院高校 卒)

浪人生活
 私は現役生のとき、センター試験で失敗してしまい、国公立の大学さらに私立大学もすべて不合格になってしまいました。そこで、予備校さがしをしたところ宇都宮に駿優があることを知りました。私の場合、片道30分程度で通うことができたため、この予備校に通学することを決めました。実際通学時間が短いというのは、とても重要なことだと思います。しかも、この予備校は大手の予備校より人数が少ないため、落ちついた環境で勉強することができます。
 授業の内容は簡単にいうと、夏までは全教科基礎基本から始まり、夏以降に国立二次対策や私大対策などです。授業の予習、復習をしっかりやれば、授業についていけなくなることはありません。一度高校で勉強したからといって、夏までの勉強をサボると受験で必要な応用力はつきません。志望校に合格するためには、一年間地道な努力が必要です。講師の先生たちの授業は、とてもわかりやすく丁寧であるため、授業は毎回集中して聞くことが大切です。
 浪人する一年間は、とてもつらいためとても大変です。しかし、途中であきらめてしまうと現役時代同じような結果になってしまいます。また、成績も上昇したり下降したりします。ですがそこであきらめずに勉強した人は、必ず成果がでるため、最後まで努力をしつづけ、後悔のない浪人生活をおくってください。