大学受験予備校	駿優 宇都宮校
前期授業開講

◇「2019年度(新学期)入学案内書」
  の請求はこちらから
      ⇩

資料請求・お問い合わせ 総合案内 校舎案内

第6期生「合格者喜びの声」のページへ→

第5期生「合格者喜びの声」のページへ→

第4期生「合格者喜びの声」のページへ→

第3期生「合格者喜びの声」のページへ→

第2期生「合格者喜びの声」のページへ→

第1期生「合格者喜びの声」のページへ→







東北大学(工)

Bさん(大田原高校 卒)

東京理科大学(工)


合格体験記
 今年の浪人した一年間を通じて自分が思ったこと、これから浪人する人へ伝えたいことを書いていきたいと思います。
 まず、浪人するにあたって一番大切な事は、学習習慣の確立です。浪人生は、どうしても勉強しなくなってしまいがちだし、予備校へ行くこともさぼってしまうかもしれません。なので、とにかく毎日予備校へ行き、授業が終わった後もなるべく19時半まで(できれば21時)残って勉強しましょう。自分は家では全く集中できなかったので、夜遅くまで予備校で勉強して、家ではゆっくりしてました。自分自身、駿優で得たものは大きいし、宅浪ではなく予備校で良かったと思います。しかし、授業だけでは成績は伸びないし、特に理系科目は演習してなんぼだと思っているので、自習の時間はなるべく多く確保するようにしてください。
 次に勉強する教材についてですが、予備校のテキストは必要なことがまとまっているので、テキストをまず予習・復習するのが効率が良いと思います。市販の問題集を解くのも良いですが、授業でいっぱいいっぱいになって消化不良になるといけないので、身の丈に合った参考書を選ぶようにしてください。自分は、数学は講習のテキストや大数の月刊誌、物理・化学は講習のテキストを繰り返し解いていました。英語は、授業中配られたプリントを解き直したり、たまに過去問を解いていました。
 各科目に対してのアドバイスですが、数学はまず計算力をつけること。そして、考えるのをめんどくさがらないことが重要だと思います。物理は、自分が何をしているのか現象をイメージして、式の意味を理解するのが大切です。化学は用記や公式をまずしっかりと理解して、理論化学の分野の基礎を徹底することです。(モル計算や状態方程式、中和滴定など)
 正直、大学受験レベルでは才能とかほぼ関係なく、努力した者勝ちです。浪人生でも最後の最後まで伸びる(ちなみにセンターは本番が自己最高でした)ので、悔いのないよう頑張ってください。
東北大学(工)

Cさん(宇都宮高校 卒)

東京理科大学(理工)


 昨年の受験では希望の大学を受け、不合格になりました。そこで私は浪人を決めました。
 数多ある予備校の中で私は駿優予備学校を選びました。その一番の理由は通学時間が短いことです。電車内では鉛筆を使いにくいので非常に大きな利点でした。また私は排気胸となってしまったのですが、近場にあることから通院後そのまま授業を受けに行くことができました。体験授業を受けたことも大きな理由の一つです。私は二校ほど大宮の予備校でも体験授業を受けてから判断しました。自分が納得できる予備校に行けたことはとても大きかったです。駿優は大手と比較すると人数が少ないので基本的にすぐに質問に行けます。分からない点を質問しそびれることがなく、とても快適な環境でした。
 予備校生活では前期の期間中に主に基礎の復習をします。基礎と聞いて簡単そうだと最初は思ってしまいました。しかしそんなことはなく、3年分の内容をおさらいするためハイスピードで進む授業、週三回ある小テスト、高校でやったはずなのに知らない法則などがあって、もしかしたら一番精神的につらかったかもしれません。たった1日で知らないことが大量に出てくるので「なぜこんなにもできないの」と不安になり、投げ出したくなりました。そこで私は分からないことが出てきたら「これを理解したら去年より賢くなれる」と思うようにしました。つらさが消えることはなかったですが、頑張り続けることができました。
 予備校で過ごすとき、周りの人が頭良くて衝撃を受けたり、成績が下がってしまったり、忙しくて嫌になったり、あるいは逆に良いことが起きたり様々なことが起きて、その度に喜んだり悲しんだりするかもしれません。そんなときにも賢くなろうとすること、合格に近づき続けることを忘れないでもらえると嬉しいです。

東北大学(理)

Dさん(宇都宮女子高校 卒)

東京理科大学(理工)

諦めない
 私は通っていた私立大を中退し、後期からの入学でした。半年近く受験勉強をしていなかったので、希望の学科に入れればどこの大学でもいいかなぁ、という気持ちで入学しました。授業が始まると、案の定ついていけず、授業の復習よりも基礎の確認の自習を優先する日々が続きました。前期に基礎、後期に発展となる授業が多いと思うので、前期からの入学を考えられている方には、前期から入学して基礎を固めることを強く勧めます。
 私が駿優予備校に通い始めた大きな理由は2つあります。1つ目は、自習室が基本的に朝8時から使えるというところです。生活のリズムを崩さず早寝早起きを続けたいと思っていた私にとって、この点はかなり魅力的でした。早起きを続けるきっかけにもなると思うので、受験生にとって大きなメリットがあることだと思います。2つ目は、少人数制で授業が行われるというところです。先生の目が行き届きやすいので、授業に集中して取り組むことができ、また質問もしやすかったです。
 私が東北大学に合格することができた1番の要因は、「後期の数学の授業」です。センター試験での判定はC判定とD判定で、志望大学の受験は諦めようとしたのですが、やはり諦めることはできずに、東北大学を受験することを決めました。過去問を解いてみても模試の結果を考えても、圧倒的に数学が足を引っ張っていたので、とにかく駿優の後期数学の授業、テキストだけを信じ、これだけは絶対に完璧にしようと決め、徹底的にやり込みました。結果、数学が飛躍的に伸び、本番では過去問演習と比べ、かなり手応えを感じることができました。数学以外の教科も、駿優予備校で学ぶことを自分のものにすれば、自ずと成績はついてくると思います。充実していて分かりやすく、質の良い授業ですよ。
 絶対にここに行きたい!と思えるような大学を見つけ、志望校を下げることのないように頑張って下さい。努力は必ず報われます。
東北大学(文)

Eさん(鹿沼高校 卒)

駿優の良さと人との関わりと学業との関係
 私が駿優に入学した理由は通学面、授業が対面授業であることの2つです。その他、入学後に発見した利点を順を追って書かせて頂きます。
 通学面として、宇都宮駅から徒歩5分であること、近くに書店やファストフード、カフェがあることが魅力でした。移動時間の節約、友達との談笑によるリラックススペースとして利用させて頂きました。自分の中で時間と空間の面で集中する、リラックスする、という意識は影響するものだと感じますので、利用目的を決めるとメリハリのある生活を作っていけると思います。
 次に授業面です。ネットを通して授業、個人制の授業もありますが、この2つは自分の能力に上限がつきやすく、授業で学んだことの共有ができず、結果、目的意識が低くなることがあるように感じます。これらの逆の面が対面授業の利点としてあると思っていて、講師陣の高い思考レベルに追いつこうと思うと、これらの利点が自然と活用されると思います。個人の感覚ですが、言語は問わず読解系の授業では、先生は違えど要点が似通う部分がありますので、様々な授業から類似点を見つける意識を持つと、それを起点に記憶が反復される効果もあるので試してみて下さい。しかし、間違いなく最も重要なことは、講師の指導に従おうとすることです。その中から類似点を見つけ出して下さい。
 その他の利点として、交友関係の構築です。モチベーションを保つため、情報交換のためにも必要です。友人の努力する様子を見て、自分と比較する必要はありませんが、熱量にあてられるということもあります。同じ目標を持つ人と同じ方向を見て隣り合って歩くのは儚く、美しいものだと思いますので、友人も大事にするよう願っています。
 最後に学業の支援をしていただいた家族、事務、講師の皆様、本当にありがとうございます。今後の御健康を祈って寄稿させて頂きます。

東北大学(教育)

青山学院大学(社会情報)

Fさん(宇都宮短期大学附属高校 卒)

駿優でつかんだ喜び
 高校受験に失敗した私は、現役時代、部活動をせずに三年間を受験勉強に捧げました。しかし、すべり止めの私立大学も第一志望の東北大学教育学部も落ちてしまい、後期で受けた国立大学しか合格できませんでした。これが、三年間たっぷり時間をかけて勉強した結果であり、浪人してもこれ以上学力は上がらないのではないかという不安がありました。
 しかし、第一志望を諦めきれず浪人し、駿優の授業に参加したところ、信じられないほど伸びました。高校三年間の勉強より、一年間の駿優の授業のほうが有効でした。どの授業も濃密で、得られるものがたくさんありました。自分の答案を添削してもらったり、勉強法を相談することで、「間違った勉強」を避けることもできました。
 私は、夏に一度偏差値が下がりました。ここで何もかも信じられなくなりましたが、先生方に相談したり、間違えた箇所の分析を客観的に行うことで、問題を解決して次に進めました。落ち込んだ時も、スタッフの皆さんが声をかけて励ましてくださり、救われました。
 センター試験で自己最高得点をとれたこと。一度落ちた私立大学に合格したこと。そして現役時代からの第一志望に合格したこと。これは、失神するほど嬉しいです。みなさんも、駿優でこの喜びをつかみとりませんか。
北海道大学(法)

法政大学(人間環境)

Gさん(宇都宮女子高校 卒)

駿優での一年間
 一年前、私は浪人するかどうか、とても迷っていました。去年のセンター試験の結果が思わしくなく、国公立大学には手が届きませんでした。友達が大学生になる中で、自分だけ置いていかれるような不安に、受験勉強を続ける気力もありませんでした。それならば、就職しようと真剣に考えていました。そんな私の背中を押してくれたのは、祖父でした。新聞の小さな切り抜きを呼んでごらんと、私に渡しました。少し背伸びをしてみるのもいいものだとありました。すっかり自信をなくしていた私に、祖父は淡々と話しかけてくれました。これからの一年間が長い生涯の中で、より貴重なものになり得るのだと気づかせてくれました。今度はよく準備をして、臨んでみようと思いました。
 それでは、どのスタイルが自分に合うのかを考えました。駿優に決めたきっかけは、通学時間の短さからです。高校時代よりも、勉強時間、睡眠時間を多くとることができ、規則正しい生活が送れました。また、高校時代、授業についていくことができず、うやむやなまま流されていたところを、基礎からしっかり学べたことも良かったです。
 一日の過ごし方ですが、授業の有無に関わらず、だいたい8時半から19時半まで駿優にいました。英単、古単などの小テスト、授業に加え、その予習復習となるとあっという間でした。家に帰り20時過ぎに夕食をとり、そのときに大河ドラマを見ました。気分転換にもなり、日本史の復習にもなりました。夜は英長文を音読したり、世界史の漫画や、源氏物語を読んだりしました。この生活リズムを崩さずに過ごすことは、不安の解消にもなりました。
 最後に、この一年を支えてくれた先生方、スタッフの皆さん、友人、家族には心より感謝しております。私にとって貴重な一年になりました。

東京学芸大学(初等-学校心理)

文教大学(学校-国語)

Iさん(宇都宮中央女子高校 卒)

「浪人」は人生を変える大きなチャンス
 「私は、きっと浪人すべきだったんだ」と思うくらい、この1年は私にとって大きな意味のあるものになりました。それは、駿優で自分の可能性を広げることができたからです。
 学力を自分の想像以上に伸ばすことができました。駿優の先生の授業は本当に質が高く、毎回感動します。受験のプロから問題を確実に解くための視点やプロセスを学ぶと、「それを全部吸収したい!」という勉強への意欲が高まるので、学力は着実に向上するし、何よりも問題を解くことが楽しくなります。教師を目指す私にとっては、浪人して学習する楽しさの本質に触れ、目標に向かって夢中になって勉強に取り組んだ経験は、今後に活きるかけがえのないものになりました。
 また、浪人生という状況になったからこそ、自分と向き合い、将来についてじっくりと考えることができました。それは、気軽に相談にのってくれる駿優スタッフの存在や、励まし合い刺激し合いながら勉強に打ち込む仲間の存在が大きかったと思います。そして、映像ではない直接対面型の授業だからこそ、心に響く先生方の叱咤激励の言葉が、弱い自分を見つめなおすきっかけになりました。駿優で多くの人に出会って得た刺激が、自分の心を強くすることにつながり、精神面でも成長することができたと思っています。
 浪人生活は、悩みや不安がたくさんありますが、浪人するということは、決して悪いことでも、恥ずかしいことでも、周りから遅れをとることでもありません。むしろ、私自身は浪人したからこそ、多くの面で成長でき、1年前の実力では決して実現できなかった、東京学芸大学で学ぶ4年間を手に入れることができました。浪人したことで自分の人生を変えることができたと思っています。
 浪人生活という人生を変えるチャンスを、自分の力で現実にするための環境が、駿優にはあります。多くの皆さんが駿優で新たな一歩を踏み出すことを応援しています。
東京学芸大学(初等-理科)

明星大学(教育)

Jさん(宇都宮短期大学附属高校 卒)

無駄ではなかった1年間
 私が、まず浪人して最初にしたことは、現役の時の反省でした。内容は、現役時には勉強を質ではなく時間で考えていたこと、更に高校で、かなり精神的にやられていた事です。なので私は、その2つを重点的に攻略しようと考えました。
 まず1つ目の攻略を可能にしたものは、もちろん自分の勉強習慣の改善もでしたが、最も大きかったのは予備校のテキストと予備校の先生方の授業です。テキストについてなのですが、市販の参考書を使いほぼ独学で勉強してきた自分にとって、多くのテキストに解説(中には解答)がなかったのは衝撃でした。しかし、更に衝撃だったのは、予備校の先生方の授業です。先生方の授業は、皆様それぞれの工夫された形態になっていますが、どの授業も分かりやすく、授業を聞いて板書を写すと、いつの間にかノートに解説、解答が出来上がっているので、解答などをあえて書いていない理由が分かりました。更に先生方の授業は、復習が円滑に進むように工夫されていて、私は生まれた空き時間を利用できました。
 そして2つ目は、その空き時間を利用して行った精神面の攻略です。私は通学の片道30分歩き、毎週ジムに通い、精神力とともに体も鍛えました。実際、そこまでしなくても、休み時間などで田川沿いを歩くといいですよ。精神的に落ち着くと思います。更に、予備校がフレンドリーなのには助けられました。これが大切なのは入試が近づくと、とてもよく実感出来ると思います。
 この2つを攻略して、私は合格できました。正直この1年とても楽しかったです。しかし、それは「駿優予備校」だったからだと思います。本当に感謝、感謝です!
 最後に駿優の授業は、T類とU類に分かれてますよね。しかし実際、科目によってはU類生がT類の授業を受けられるなど汎用性があります。詳しくは、聞いてみてください。
 最後まで読んでくれてどうもありがとう!

埼玉大学(経済)

中央大学(国際情報)

Kさん(宇都宮女子高校 卒)

1年を振り返って
 私は、現役時の昨年、受験で望むような結果が得られず、駿優に一年間お世話になることを決めました。お陰様でこの春、無事に進学を決めることができました。その上で、私なりに駿優に通ってよかったと思う点をいくつか挙げてみます。
 まず、英単語・英熟語・漢字・古文単語のテストが毎週実施されることです。このテストは、配布されるテキストをもとに作成されたもので、1年で各テキストを2周することになります。国公立大か私立大かを問わず、入試においては一定の単語の知識を身に付けていることが求められます。毎週このテストに備えた学習を繰り返すことで、基礎単語力は必ず向上します。
 2点目は、前期に各教科の基本を徹底させるためのカリキュラムが組まれていることです。高校3年間の履修内容を夏までに終了させるので、前期は特に予習復習に忙しいですが、ここを乗り切れば後期の授業がきっと楽に感じるでしょう。私が特に力が付いたと実感できたのは、古典の授業です。先生は厳しい方ですが、文法や確実な品詞の判定の仕方を徹底して叩き込んでくれます。また、読解する上で、知っておく必要がある当時の世俗などを、深掘りして教えてくれます。高校の授業ではそこまで習うことはありませんでしたが、受験の際には、この知識があるとないとでは結果が大きく変わってきます。現役生に差をつけることがきっとできるはずです。古典の読解は、雰囲気でできるものではありません。正しい知識を身につけ、正しく品詞文解をすれば確実に得点することができます。
 もう1つ、駿優を選んで良かったことは、通学時間が短く済んだことです。私は、大宮の予備校も検討したのですが、駿優は通学時間が大宮までの6分の1でしたので、時間を有効に活用することができ、これは大きなメリットでした。受験生にとって限られた時間の使い方は、大切な検討事項だと思います。
信州大学(繊維)

芝浦工業大学(工)

Mさん(宇都宮短期大学附属高校 卒)

駿優での一年間
 私は現役の時、学習計画を立て、勉強に励んできました。しかし、模試での志望校判定は一向に上がることがなく、一応私立大学に合格はしたものの、自分の希望している大学でなかったので、浪人することにしました。
 私が駿優予備校に決めたのは、通学時間の問題が大きかったのもありましたが、他大手予備校の模擬授業を受けたり、学習環境を見たりした結果、わざわざ大宮まで通わなくても十分駿優にそろっていると思ったからです。
 駿優に入学してからは、現役生の時の勉強法ではなく、教えてもらった通りのやり方で行いました。前期は、徹底して各教科の基礎固めをしました。これが、大きな成績の伸びに繋がったと思います。後期は、問題演習を中心に行いました。特に化学と英語は、それまで行ってきた基礎の部分を応用に生かすことができるようになったため、大きく得点を伸ばすことができました。しかし、苦手科目は、時間も問題量も十分に確保したつもりでしたが、発展問題になると得点を伸ばすことができませんでした。今思えば、まだまだ不十分だったのかもしれません。
 一年間、時間を惜しんで、合格だけを考え猛烈に取り組んできましたが、センター試験では思うように得点を伸ばすことができず、またしても第一志望校を受験することはできませんでした。しかし、残りの一ヶ月間、先生や事務の方からアドバイスをいただきながら、必死に二次試験の科目に集中して学習した結果、第二志望校であった信州大学の合格を勝ち取ることができました。
 センター試験で、自分の思い描いていた点数をとることはできませんでしたが、後悔はありません。それは、一年間やりきったと言える程、集中して学習することができたからです。また、先生のアドバイス通りに学習した結果、大きく点数を伸ばすことができたからです。駿優で一年間学ぶことができ、本当によかったと思っています。

新潟大学(教育)

日本女子大学(理)

Pさん(真岡女子高校 卒)

行きたい大学に行く
 現役生の時、周りの人がどんどん成績が上がる中、自分は土日は10時間以上、平日は学校が終わってから6時間以上勉強しているのに全く成績は上がらず、センター試験では国公立をどこに出願しても合格できないような点数を取り、浪人することになりました。
 浪人生活で勉強面で大切だと思ったところは、出来なかったところは繰り返し何度も解くことです。理系教科は特にです。出来なかったところは目印をつけて、定着したと思ったら目印をはずすようにしました。受験前にたくさんあった目印がなくなっているのを見ると、安心と自信に繋がりました。他には、いろいろな出版社の教材に手をつけ過ぎないことです。私は、どの教科も駿優の教材を中心に勉強して、前期と夏は他の教材には手をつけず、後期頃からセンター対策の他教材で問題演習をしました。2次試験前は、いろいろな大学の過去問を解くのが良いと思います。
 勉強以外の面で大切だと思ったところは、生活リズムです。毎日、同じ時間に起きて、同じ時間に駿優に着くことです。駿優は自習スペースがとても充実しているので、授業の前後や空き時間は利用して、朝から晩までいるようにしました。周りに人がいることで切磋琢磨できます。
 1年間浪人して、辛かったです。でも、友達の存在もあり充実した勉強生活を送ることができました。勉強をしていく中で、自分の気持ちをプラスにプラスに持っていくことが大切だと実感しました。これから浪人するみなさん、『行きたい大学に行ける』嬉しさはすごいです。この気持ちをみなさんが、実感できると信じています。
宇都宮大学(地域デザイン科)

成蹊大学(法)

Wさん(作新学院高校 卒)

浪人の一年間
 現役時代、私はセンターで失敗し、大学を全落ちしたため、親と相談して浪人を決意しました。
 駿優を選んだ理由は、通学距離です。首都圏の大手予備校に通う場合、往復何時間もかけなければなりません。しかし、駿優は宇都宮駅前にあるので、通学時間を短縮することができ、その時間を勉強に費やすことができました。
 授業は、前期は基礎を中心とした内容でした。しかし、自分の知らなかったことも多く、改めて自分の勉強不足を自覚し、空きコマの自習時間も集中し勉強できました。また、後期は志望校に向けた演習が中心でした。中には自分にとって難しい問題もありましたが、先生方の説明がとても分かりやすく理解することができました。その他にも夏期講習、冬期講習や直前講習で弱点を補強することができました。
 そして、センター本番では現役時代より点数を100点上げることができ、なおかつ二次試験でも失敗することなく合格することができました。
 私はこの一年間勉強だけでなく、自分を見直すいい機会になったと思います。現役時代の自分の勉強に対する甘さを改善し、大学に対する考えも大きく変わりました。
 私がここまで頑張れたのは、自分の力だけでなく両親、先生方、スタッフの皆さんのおかげです。この経験を生かし、今後の大学生活を送っていきたいと思います。本当にありがとうございました。また、これから頑張る浪人生の皆さん、心折れずに志望校合格を目標に頑張って下さい。

宇都宮大学(工)

Xさん(真岡高校 卒)

一年間を振り返って
 私は高校三年生の時、受験生としての意識が足りておらず、第一志望校に落ち、唯一合格していた私立大学に進学するが悩んだ末、一年間浪人することに決めました。また、自分は一人ではあまり勉強がはかどらない人間なので、予備校探しを始めました。そして、宇都宮駅のすぐ近くで、授業形式というのが自分に合っていると思い、駿優に決めました。
 ここからは、駿優での一年間を振り返りたいと思います。まずは前期についてです。前期では、どの教科も基礎を定着させるところから始まります。この時期は、自分の勉強よりも、予習・復習を優先することが大切だと思います。と言っても、高校三年分を一年でやるので、予習と復習だけでもかなりの量があり、私はそれをこなすだけでも大変でした。また、週一度行われる教科ごとのテストがありますが、ここでは、これまでの授業の確認や、自分の英単語や古文単語の確認ができるので、手を抜かずに取り組みました。
 夏期講習では、自分の受けたい授業を受けることができ、ここから自分の志望校に向けた勉強を始めると良いと思います。
 後期では、センター試験や二次試験に向けた勉強が、本格的に始まります。頻出問題や流行りの問題など、様々なタイプの問題に取り組めるため、かなりの力が身につくと思います。この時期は、予習・復習ももちろん大切ですが、自分の志望校に合わせた勉強をすることも大切だと思います。
 冬期講習では、センター試験が近いこともあり、センター試験対策はもちろんですが、二次試験に向けた勉強も適度にやると良いと思います。特に、数Vを使う人は、毎日少しでも微分積分の計算をすることをおススメします。
 最後に、この一年間合格のためにご指導して下さった先生方、勉強に適した環境を提供して下さったスタッフの方々に感謝の気持ちを込めて、終わらせていただきます。
 一年間本当にありがとうございました!!
宇都宮大学(工)

Yさん(宇都宮北高校 卒)

 僕が駿優に入学することを決めた理由は、通学の利便性と授業制であることの2点でした。現役時代、通学に多くの時間をとられていた反省から、利便性の良さは重視した点でした。また、授業制であることは、それまでの生活リズムを維持するという点でとても効果的であったと思います。
 駿優の授業において良かったと感じた点は、それまで点と点でバラバラだったものたちが、きちんと線でつながる感覚があったことです。現役時代には、高校で配布されたテキストや問題集をがむしゃらに解く「量」を重視した勉強をしていましたが、実力を伸ばせませんでした。しかし、駿優の授業において、根本的な部分から丁寧に教わったことで、「質」の点で充実させることができました。その結果、効率よく問題を解けるようになり、「量」の部分は自然と増えていき、実践力を養うことができました。また、分からないことを質問に行った際、先生方は丁寧に教えてくれるのはもちろん、プラスαのアドバイスをしてくださりとても為になりました。
 これから浪人生活を経験するであろう皆さんは、今は無力感や悔しさといった暗い気持ちでいることだと思います。しかし、その気持ちがバネになります。そして、「苦しくても浪人生活を過ごしきる」という覚悟があれば、必ず合格をつかめると思います。
 最後に、1年間サポートしてくださったスタッフの方々、時に厳しく、時に優しく、熱い指導をしてくださった先生方、本当にお世話になりました。
山形大学(工)

ACさん(宇都宮短期大学附属高校 卒)

楽しく充実した一年間でした。
 私は、現役時代に全く勉強と向き合わず、定期テストはいつもほぼクラス最下位。挙げ句の果てには、センターで4割を叩き出した学力しかありませんでした。3年生の11月頃にようやく勉強し始めたものの、当然成績が上がる訳もなく、大学は全落ちしました。そして、当時通っていた塾の塾長に紹介されたのが駿優予備校でした。様々な予備校が他にある中で、駿優を選んだ理由の1つに「近さ」があります。高校時代の友人で浪人した人(主に埼玉の予備校に入学した)と話してみると、毎朝5時半起床で長い時間をかけて電車で通学していたそうです。一方私は毎朝7時に起きても、9時からの授業の前に自習する時間があるほどでした。体力的にも時間的にも余裕の欲しい浪人生にとって、「近さ」は重要であると私は思います。そして駿優での浪人生としての生活がスタートしました。
 私の思う駿優の良いところは、人との距離が近いところです。担任の方には、何度の相談に乗ってもらって良いアドバイスをたくさんもらいました。教務の方には自分のスキルアップに必要なプリントなどの教材を欲しいと思った時にすぐ用意してもらったり、たまにする日常の会話も楽しかったです。講師の方々には、勉強に関して分からない部分があった時にすぐ解決してもらい、ニガテな分野があった時には有効な勉強法も教えてもらいました。もちろん授業は素晴らしく、「理解して正答を導き出す楽しさ」を感じることができました。今でも、英語の分詞構文の授業での感動を覚えています。
 私は、自分を導いてくれる沢山の人や活力のある勉強仲間(ライバルでもある)に出会えたことは、運の良かったことだと思います。人生で一番充実して、密度が濃くて長くて短い一年を過ごしました。私のような元超アホでも合格できたのだから、これを読んでいるあなたも必ず成功できます!楽しんで、最後に喜びを掴んでください!!GOOD LUCK !!
早稲田大学(文化構想)

津田塾大学(学芸-英文)

bさん(宇都宮女子高校 卒)

合格体験記
 私は、去年の春、合格した大学行くか浪人するかしばらく悩んでもたもたしていたので、浪人するなら行こうとしていた予備校が定員になってしまいました。朝が弱いので、遠くへ通うことは考えていなくて、他に駿優しかなかったから入ったという感じでした。でも、結果的に駿優に入って良かったと思います。
 担任の谷川さんは、いつも私なら大丈夫というようなことを言ってくださいました。私は今までそんな風に言われたことはなかったし、模試の判定もE判定ばかりだったのでずっと信じられませんでしたが、最後のころ自信がなくても、「受験をずっと見てる谷川さんが言うから大丈夫」と、思って頑張ることができました。そして、前半は積極的に講師の先生方のところへの質問へ行けませんでしたが、谷川さんに絶対行った方がいいと言われて、後半はたくさん先生たちに相談しに行くことができました。いつもの授業と違って、志望校を伝えた上で先生たちがくださるアドバイスはとても役に立ちました。また、たくさん生徒がいる中でスタッフの方々もよく話しかけてくださって、嬉しかったです。駿優で色々な方が助けてくださったおかげで、第一志望に合格できた思います。これから駿優に入る方は、先生たちにたくさんアドバイスをもらってほしいです。
 また、授業がない日は、特に後半は駿優へ行った方がいいと思います。私は冬期講習の後、センター試験まで家で勉強していましたが、どこにも受からないんじゃないかと何度も不安になりました。センターも不安な気持ちのまま迎えてしまって、それだけが原因ではないと思いますが、センターは失敗してしまいました。それからはずっと駿優に来るようにしたら、不安を感じる暇もなくなり勉強だけに集中できるようになったので、参考にしてほしいです。
 駿優の方々、本当にお世話になりました。