大学受験予備校	駿優 宇都宮校
夏期講習資料請求受付中!

◇「夏期講習」案内書を   ◇2018年度入学案内を掲載中!
 希望の方はコチラから      ⇩         ⇩
     ⇩

資料請求・お問い合わせ 総合案内 校舎案内
2018年度入学に関する情報を掲載しております。[中途入学に関しては、お問い合わせください。 (TEL:0120-973-693)]

『2018年度大学受験科(高卒)』前期開講中【中途入学可】! ★「個別強化指導コース」は、無料体験指導あり!


第5期生「合格者喜びの声」のページへ→

第4期生「合格者喜びの声」のページへ→

第3期生「合格者喜びの声」のページへ→

第2期生「合格者喜びの声」のページへ→

第1期生「合格者喜びの声」のページへ→







東北大学(工)

法政大学(理工)

Aさん(大田原高校 卒)

合格体験記
 自分は、高校三年生の時は自分が受験生であるという意識が薄く、毎日それなりに勉強はしていましたが、志望校に合格したいという気持ちが小さかったと思います。当然、前期試験は不合格でした。そうして私は浪人することを決めましたが、なかなか勉強に集中できず、漠然と時間を過ごしていました。ここで私がこれから浪人生として一年間過ごす人たちに言いたいのは、浪人することが決まった、あるいは決めた瞬間から完全に切り替えることが重要ということです。ここで切り替えられるかどうかは、この先の浪人生活に大きな影響を与えると思います。
 次に、私が駿優で過ごした一年間について紹介したいと思います。(自分は理系だったので理系向けです。)
 まず前期は、ほとんどの科目が基礎固め中心です。正直この時期に自分の持っている問題集や過去問に手を出す必要はありません。授業の予習と復習で十分です。自分的にはけっこう量があり、大変でした。あと、各種小テストが毎週ありますが、私は一応まじめ?にやっていました。私は、電車の中で何週もやっていました。
 次に夏期講習についてです。夏期講習・冬期講習・直前講習期間中は、自習の時間が多く、自分でうまく計画を立てなければなりません。私は、夏期講習期間に英語、数学を重点的にやりました。最後に後期と冬期講習についてです。後期の授業は、一気に発展的な内容になり、前期同様に予習復習が重要です。前期と比べて時間余裕があるので、志望校の過去問をやってみるといいと思います。冬期講習期間に入ると、センター試験が近づいているので、センター対策を始める人もいますが、難関大学を目指す人は自分の得意不得意を考えて、ギリギリまで二次対策をメインでやるといいと思います。
 最後に、私は駿優で過ごす一年は絶対に無駄にならないと思います。志望校合格に向けて頑張ってください。
北海道大学(総合入試文系)

明治大学(法)

Bさん(宇都宮高校 卒)

終わり良ければすべて良し
 自分語りをするようで申し訳ないですが、高校時代の私は紛うことなきクズでした。部活から帰ってきて、長い時間ネットとラジオに費やして深夜に寝るという生活が定着し、遅刻回数は40回を超えていました。そんなわけで、遅刻魔が突然早起きをして大宮まで通学できるようになるはずが無いという消極的な理由一点で、予備校を駿優に決定しました。
 利便性だけで決めてしまった予備校でしたが、カリキュラムも私に適したものでした。というのも、前期の授業で徹底的に基礎を叩き込み、後期でそれを活用して点にするという段階を踏んだものだったからです。例えば、古典の授業では活用から、英語の授業ではセンターレベルの簡単な文法からみっちりと学習しました。前期の授業は基礎中の基礎なのでとても退屈ですが、ここを疎かにすると合格できるはずがないので、歯を食いしばってやって下さい。
 また、本当に予備校の授業だけで成績は上がるのか、という不安があると思いますが、それは本当です。さらに詳しく申し上げると、予備校の授業によって自分の知識の持つ最高出力を出せるようになります。現に私は、直前期の赤本や論述の参考書を除けば、追加でやったのは英単語帳の鉄壁くらいでした。
 最後に、来る浪人生活について予言しますと、とてもつまらないものになると思います。少なくとも私は、この一年間は今までの人生で一番つまらないものでした。しかし、とある書物で読んだのですが、人間はどんなに退屈な環境でも喜びや楽しみを見出すことができるそうで、私も本当に辛かったのは夏まででそれ以降は慣れました。もちろん、いくら退屈な日常に慣れたといっても、合格だけを目指して生きている浪人生にとって結果が出ない苦痛は途方のないものになるかと思います。私もセンターで去年と同じ北大がD判定で逃げたくなりました。しかし今こうして体験記を書いている。努力は報われるのでした。

北海道大学(総合入試理系)

法政大学(生命科)

Cさん(宇都宮高校 卒)

北大を目指す!
 私は2浪しました。私の高校は、浪人する人がとても多いため、現役の時はあまり危機感を持たずに浪人しました。1年目は駿優と名前の似た某大手予備校にしました。理由は、みんな大手に行くからぐらいでした。それに加え、御茶ノ水の方に行っていたので、片道2時間半。駿優は30分。この差は相当大きかったように感じます。
 2つの予備校の違いは他にもあります。その中で一番大きく感じた違いは空気感です。駿優は、アットホームな予備校です。私は疲れがたまった時は、スタッフの方々とよく野球の話をしていました。野球好きのスタッフもいるので、本当にストレス解消できました。
 私は勉強法は人それぞれ違う物だと思うので、メンタル面のアドバイスをします。この1年間の受験生活も楽しんで欲しいです。みんな受験は苦しい、苦しいと言いますが、その苦しみを和らげる努力をして欲しいなと思います。例えば、私は毎日のように散歩に行っていました。自習室という名前も嫌いなので、空き教室を開放感満載で使用していました。受験は苦しいと決めつけて生活しないでください。小さな喜びを感じながら生活してください。Fight!
 最後に私の好きな言葉を記します。

 努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。
北海道大学(総合入試理系)

東京理科大学(理工)

Dさん(黒磯高校 卒)

駿優生よ、大志を抱け
 昨年度のセンター試験、目標に届かず国立前期志望校を変更して臨むも不合格でした。打ちひしがれたまま後期試験に臨み、合格は出来ましたが、やるせない気持ちを引きずっていました。浪人として再チャレンジしたい気持ちを両親に打ち明け、駿優予備校の無料体験授業に参加しました。現役時を振り返り、1人での勉強に限界を感じていた私は「1年間励んでリベンジするぞ!」と決意を新たに駿優生となりました。
 国理T類コースでは、主に難関国立大学2次試験の対策に重きを置いた授業内容でした。入学以前は意味が分からなかった内容も、授業に粘り強く食らいつく事で、着実に力を付ける事が出来たと思います。少しずつ、少しずつの積み重ねが最後には大きな力となる事を信じて、最後まで諦めずに頑張って良かったです。
 様々な思いを胸に浪人を決意した皆さん、安心して駿優予備校の先生方を頼って下さい。そして学習リズムを崩さない為、毎日通う事をルーティーンにしましょう。長い人生の中の、たった1年間です。目一杯やりきって来春を笑顔で迎えましょう!
 最後に、目標大学合格に導いて下さった駿優予備校の先生方、スタッフの方々に心から感謝致します。合格までの1年間、厳しくも熱いご指導を下さり有り難うございました。
 これから新たなスタートです。今、やる気に満ちあふれています。

筑波大学(生命環境)

東京理科大学(理)

Eさん(宇都宮高校 卒)

貫けた第一志望
 私が自分のやりたい事を見つけ、志望校を決めたのは、高校三年の夏休みでした。そして秋からやっと本腰を入れて勉強し始めました。前期と後期で同じ大学を受験しましたが、結果は不合格。私大も合格したところはありませんでした。予備校に通うことに決めた私は、高校の先生が紹介して下さった、この駿優宇都宮校に足を運び、入学を決めました。他の予備校に通うという選択肢もありましたが、私がここに通うことを決めたのは、大きな利点があったからです。
 まず一つは、通いやすさです。私の家から駿優の校舎までは、歩いてわずか十分しかかかりませんでした。身体的にも非常に楽であり、時間の有効活用にもつながりました。首都圏の予備校のように、毎日電車で2・3時間も揺られるような生活は、今となっては考えられません。
 もう一つは、少人数ならではのきめ細やかな指導です。駿優のクラスは約20人と、大手予備校に比べて非常に少ないです。そのため、講師の先生方が、生徒一人ひとりの名前、志望校、学習到達度を把握しており、自分に合った的確な指導をして下さいました。また、どんな質問にも丁寧に答えて下さるので、不明な点がすぐに解決できました。
 これらの点に加え、充実したカリキュラム、日頃の学習指導のおかげで、着実に学力を伸ばし、かねてからの第一志望を貫き続けることができました。途中、不安な気持ちになることもありましたが、友人とその心情を共有したり、担任の先生に気軽に相談できたのも良かったです。その結果、無事にセンター試験を突破し、受験した私大全て、そして第一志望に合格することができました。
 この一年間、最初は無駄になると思っていましたが、今となっては、様々なことを学べたとても有意義なものだったと、胸を張って言えます。第一志望に合格できて、そして駿優に入って、本当に良かったです。
東京農工大学(後期:工)

東京理科大学(理工)

Fさん(宇都宮高校 卒)

後期試験までが大学受験
 私は駿優宇都宮校に通ったことでセンター試験の点数が180点以上伸び、東京理科大や中央大など現役時には手が届かなかった私立大にセンター利用で合格し、前期日程の東北大学には不合格だったものの後期日程で東京農工大学に合格することができました。このように結果を出すことができた要因をいくつか挙げたいと思います。
 1つ目は、駿優宇都宮校の通いやすさです。他の予備校の生徒が通学に大きな時間を割いている中で栃木県在住の駿優生はしっかりと差をつけることができると思います。
 2つ目は、駿優宇都宮校のアットホームな雰囲気です。駿優のスタッフ方は名前や顔をしっかり覚えてくださるので気軽になんでも相談できる環境になっています。勉強に疲れたとき少し話してみるのもいいと思います。
 3つ目は、夏前にしっかりと基礎力をつけることができた点です。駿優ではしっかりとカリキュラムが組んであるので流れに乗れば大丈夫です。夏後には現役生も本気になるので夏前から頑張って差をつけましょう。
 そして最後に、後期日程で合格した立場から書きたいと思います。
 私が後期日程で合格できた要因の1つに前期試験後にしっかり切り換えることができたということがあります。私にとって東京農工大学は現役時に前期で狙っていた大学というのもあり、モチベーションを維持し、しっかりとやり抜くことができました。このように後期出願校は難易度や、必要となる教科数だけではなく、自分が行きたいと思える魅力的な大学に出願するべきだと思います。第一志望の大学を目指す中で、少し後期日程のことも頭の隅に置いておくことが大切です。
 駿優の先生方に言われたことをしっかりこなしていけば必ず成績は上がります。志望校合格に向けて頑張ってください。
首都大学東京(人文社会)

Gさん(大田原高校 卒)

合格への道のり
 私は、高校の先生の紹介で、駿優予備校を知りました。実際に体験授業を受けて感じたこと、無理なく通学できることを考え、ここの予備校に決めました。
 私が第一志望校に合格できた要因は、主に2つあります。
 1つは、基礎固めを十分に行えたことです。現役時にはこの基礎固めが疎かになったため、合格できませんでした。合格するためには、基礎固めは大変重要です。私は、基礎内容が中心の前期のテキストを夏期講習が終わるまで繰り返し行いました。特に重点的に行った英国数は、9月以降、徐々に成績が上がっていきました。後期以降も、忘れた基礎内容をきちんと更新し、基礎の定着を図りました。
 2つ目は、目標までの計画を明確に立てたことです。受験生にとっての最大の目標は、第一志望校合格です。ただ、この目標に向かって勉強をするだけでは、達成できないと思います。そのため、毎回の模試で目標点数を各教科ごとに設定し、これを中間目標としました。また、中間目標をクリアするために、どのテキスト・問題集を使い、どれくらいの量をやればいいのかを決めて勉強しました。また、中間目標は、努力すれば突破できるラインに設定することが重要です。中間目標をクリアすることを目的に勉強すれば、より現実味があり、モチベーションも上がります。さらに、努力すればできるという感覚を覚えることで、勉強の継続や自信にもつながっていきます。このように細かな目標が、最大の目標の道しるべとなり、それらの目標を突破することが自分自身への自信につながりました。
 浪人した一年間は苦しいものでした。今では、その苦しみがあったからこそ、第一志望に合格できたと思います。浪人を決めた人は1年間、とことん苦しんでください。最後には、それが自分の力となります。最後に、駿優の講師、スタッフの皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。
埼玉大学(教養)

成城大学(社会イノベーション)

Lさん(宇都宮東高校 卒)

自分のための浪人生活
 突然ですが、あのウサイン・ボルト選手は日本の桐生選手に対し、「自分のために楽しんで走れ。それが国のためになる。」とアドバイスをしました。私は、この言葉が浪人生活を始めるに当たり、とても励みになりました。
 現役時代、ロクに将来のことを考えず、合格したテキトーに決めた大学に進学し、無駄に一年間を過ごし、自分の人生に迷いが生じていた私にとって、ボルトの言葉はとても響きました。自分なりの幸福のために努力すことが、後に周りの人の幸福に繋がると信じてこの浪人生活を過ごしてきました。今年浪人を決めた皆さんはどうでしょうか。恐らく、色々な気持ちがあると思いますが、これから浪人生活を送る皆さんに、幸福を掴み取るための努力(大学受験)をするのに、駿優予備校は適していると思います。
 小規模故に、講師の方、事務の方々と距離が近く、丁寧に相談に乗って下さることが、何よりも利点だと思います。浪人生というのは、孤独で苦しいものです。同期の友人は一足早く大学生になり、家庭での立場もいたたまれない浪人生にとって、いつでも温かく迎えてもらえる場所、というのは大きい存在なのではないでしょうか。
 また、生徒の顔や名前が一致しやすい、というのも大きい刺激になるのではないでしょうか。私はよく「あ、あいつめっちゃ勉強してるやん。負けんとこ。」と思いながら自習していました。
 私は、4月のマーク模試からセンター試験までで250点上がりました。何度も先生に「絶対受からない。もうムリ。」と弱音を吐きましたが、いつも相談に乗ってくださる先生方のおかげで励まされました。
 人生はなんとかなりますが、なんとかするためには、努力を継続するという大変なことをしなくてはなりません。その苦しい時期を駿優は、温かくサポートしてくれます。是非、人生の転機をここで過ごしてください!
埼玉大学(教養)

新潟県立大学(国際地域)

Mさん(宇都宮北高校 卒)

浪人はマイナスじゃない!
 「浪人」というと、最初は悲観的になってしまいがちですが、もう少し前向きに捉えてみても良いかもしれません。今だから言えるといえばそれまでですが、1年駿優に通ってみて、私は浪人して良かったと心から思います。
 最大の収穫は、勉強が楽しくなったことです。駿優は授業数が多く、高校に入学してすぐ習うような基礎、もはや理念の部分から授業がスタートします。私はこの時点で、今までの自分の考え方の甘さと、基礎を固めることで解ける問題の多さに衝撃を受けました。先生方は受験のプロです。独りよがりにならず、素直な気持ちで授業を受けてみて下さい。継続していくうちに、自然とレベルアップしていく自分を感じられると思います。
 私は現役時、先生に質問にいくことがほとんどありませんでした。そんな自分を変えたくて質問にいってみると、自分の望む以上の理解と知識が得られました。二次対策では、英作文や要約の添削で夜遅くまで一対一で教えてもらうこともありました。これに加えて、顔と名前を覚えてもらうことも、少人数制ならではの利点だと思います。質問や添削は、言うなれば自分だけのための特別授業です。もっといけば良かったと少し後悔しています。また、同じメンバーで毎月過ごすので、望めば周囲とも親しみやすいです。仲間でありライバルでもある存在と競うことは、モチベーション維持に効果的であるだけでなく、お互いそれ以上に大きな支えともなりました。
 私はこの1年、浪人生であることを一瞬も忘れたことはありませんでした。夏は高校の友達と会ったり、秋まで週一でバイトをしていたりもしましたが、空きコマや授業のない日はほぼ毎日自習室や空き教室で勉強していました。行けば必ず頑張っている人と応援してくれる人がいます。駿優は、第1志望合格への環境は十分に整っています。あとは、生かすも殺すも自分次第。ぜひ駿優で思いを叶えて下さい!1年間ありがとうございました。
金沢大学(人間社会)

Nさん(矢板東高校 卒)

ありがとうございました
 私は自習が苦手で、色々な参考書に手を出しては、それを終えることなく次の物に手を出すといった有様でした。どうしても、自分が手にしている参考書が、良書かどうか判断することができなかったのです。やはり、勉強には効率が肝要で、分かりやすく、覚えやすい参考書で勉強したいものです。結果、何を信じて勉強してよいか分からず、現役時の受験では、残念な結果となってしまいました。
 しかし、二度目の受験を終えた今、その実感を強めることになりましたが、駿優予備校から与えられる教材は、非常に優れた参考書になります。短期間で十分な知識を得る事ができると思います。駿優の講師の先生方の授業を思い出しながら復習することで、勉強の効率はより良くなることでしょう。他の参考書に気をやる必要はありません。
 駿優の優れた点は、教材にのみあるわけではありません。講師の方々による授業の質もまた優れており、曖昧な解説は皆無で、次の授業が楽しみになる程です。担任の先生は、丁寧な受験相談をしてくださり、他のスタッフの方々も学習環境の改善に尽力してくださります。そして何といってもやはり、通学の利便性です。私がいくつかの選択肢の中から、駿優予備校を選んだ一番の理由がこれです。勉強に必要な体力、気力を、通学に奪われるというのは、最も避けたいことでしょう。駿優宇都宮校であれば、無駄な労力を費やすことなく、受験に集中できると思います。
 以上のように、駿優予備校は浪人生にうってつけの場です。しかし、結局のところ受験に最も必要なものは、受験する当人の意思の強さです。例え優れた環境にあろうと、人間腐るのは簡単です。勉強はあくまで手段として、将来を見据え、具体的な大学名を常に頭に思い浮かべることこそが、成績向上の一番の近道であると私は思います。駿優という優れた環境で、強い意思をもって勉学に励むことを私はおすすめします。
静岡大学(工)

芝浦工業大学(工・システム理工)

Vさん(宇都宮短期大学附属高校 卒)

駿優に入って良かった!
 1年ほど前、私立大学は全てダメで、E判定だった国立大学も落ちたため、浪人することにしました。当初は宅浪するつもりでしたが、友人の勧めもあって予備校選びを始めました。駿優に入る決めてとなったのは、駿優の体験授業を受けたとき、アサシュー(浅野先生)の授業が分かりやすく面白かったからです。
 僕は、前期では数学と英語、そして一番苦手だった化学を中心に勉強しました。具体的には、数学は予備校で配られたテキストを徹底的に演習し、英語は毎週あった単語・熟語テストに備えてそれらを覚え、そして化学は、予備校のテキストと持参の参考書を使って勉強しました。後期に入ってからは、2次対策にも力を入れながら駿優のテキストを反復演習しました。勉強している上で、解答を見てもどうしても分からない箇所が出てきましたが、予備校の先生が懇切丁寧に教えて下さり、とても助かりました。駿優のテキストはどれも素晴らしいものでしたが、特に化学のテキストは、化学が全然できなかった僕にとって非常に分かりやすく、ためになるものでした。
 センター試験が終わり、受験校を選定する際、僕は安全圏を狙って静岡大学より偏差値の低い国立大学を受けるつもりでいましたが、谷川さんの的確なアドバイスを受け、静岡大学に決定しました。今では静岡大学にして本当に良かったと思っています。
 その他にも、浪人してたくさんの方々に支えていただきました。自習のために予備校を開校時間外まで開けてくれた野嶋さん、予備校の先生方、他愛のない話に付き合ってくれた事務員さん、予備校の友達、そしてストレスで神経質になっていた僕を見守ってくれた家族。大学受験を終えた今、駿優を離れることを寂しく感じています。本当に充実した1年でした。ありがとうございました。
宇都宮大学(地域デザイン)

Wさん(宇都宮東高校 卒)

浪人で掴んだ春
 皆さんがこの体験記を読むのは、恐らく今年の受験が上手くいかず、悔しさや来年の不安を抱えている、春とは言えない三月だと思います。私の去年の三月は、そんな三月でした。
 絶対に合格できると信じていた私立に落ち、センターもボロボロで、行きたいと全く思えない国公立をモチベーションのないまま受験し、不合格。次のステージへ進んで行く友人を横目に行き場のなく、とり残される恐怖を味わいました。
 ですが、皆さんは決して孤独ではありません。来春のリベンジを誓って勉強する仲間、生徒の合格を信じて親身になってサポートしてくれるスタッフの方々、そして、高校のカリキュラムに縛られない、合格のためだけの授業をしてくれる講師陣がいます。今は不安で頭がいっぱいかもしれませんが、駿優での一年はきっと皆さんを合格へ導きます。
 具体的に私がこの一年でした勉強を説明すると、授業の要点まとめとテキストの予習、復習の二つです。市販の分厚い参考書などはほとんど使いませんでした。たったこれだけで、今年のセンターは去年に比べて150点以上得点することができ、余裕を持って二次試験を受けることができました。それだけ駿優の授業とテキストは質が良く、無駄がありません。あとは皆さんの努力次第です。今の悔しさを忘れず、一年間やり抜いてください。行ける大学ではなく、行きたい大学の合格を願っています。
 最後に、この一年間アットホームな雰囲気で支え続けてくださった教務スタッフの皆様、最高の授業を提供してくれた講師の方々、本当にありがとうございました。ここで経験した挫折と成功を今後に活かしていきたいです。
 浪人して良かったではなく、浪人できて良かった。
宇都宮大学(教育)

Yさん(大田原女子高校卒)

合格体験記
 私は、毎日勉強を始める前、一日のやることリストを作っていました。過去問のこの年を解く、とか、日本史の問題集のここからここまでやるなど、結構具体的にです。友達と近くの百均で“処理済”のハンコを買って、やり終わったら項目ごとに押していました。ハンコがたくさん押されていくのが楽しくて、今日も頑張ろうという気持ちになれました。こんな小さなことでも、モチベーションを上げるには十分でした。大学生になりたい、こんな大人になりたい、どこで働きたい…色々なことがモチベーションにつながるけれど、毎日コツコツ勉強するには大変な忍耐力が必要だから、毎日毎日、一日一日を無駄にしないよう、勉強をしっかりできるように、小さな目標は大事だと思います。
 それから、私はこの駿優で、一生ものだなと思える友達ができました。浪人時代に友達なんてと思われるかもしれないけれど、私はその子が傍にいてくれたおかげで、合格できたなと思っています。センター試験が近づく中、寒いフードコートで息抜きにパイナップルを食べながら必死に過去問を解いていたのは、今ではいい思い出です。電車では一問一答を出し合い、お互いの知識を共有して、二人でセンター試験に挑み、私立の合否ではお互いに喜んだり励まし合ったりしました。大学生活をエンジョイしている友達のインスタを見ては、妬んだり羨ましがったり、たくさんの感情を共有してきました。そして、二人で第一志望に合格ができました。彼女が受かったことが自分のことのように嬉しかったし、私の合格も自分のことのように喜んでくれました。皆さんにも、一緒に切磋琢磨しながら受験勉強のできる友達と、一年間頑張ってほしいです。
宇都宮大学(教育)

Zさん(石橋高校卒)

合格の理由
 私が駿優に入学したきっかけは、「行ける大学ではなく、行きたい大学へ」という言葉があったからです。昨年、センター試験で思うような点数が取れず、行きたい大学とは別の合格の可能性がある大学を受けました。不合格だったので行くことはありませんでしたが、その時浪人を考えました。そして、この言葉に出会い、やはり行きたい大学に合格したいという思いが強くなりました。そこで、駿優への入学を決めました。
 そこから私の駿優での一年間が始まったのですが、その一年間で駿優だから合格できた理由が二つあります。
 一つ目は、こまめに英単語や漢字、数学の小テストをすることです。私は、授業についていくのに必死で、復習が十分にできないときもありました。しかし、数学の小テストではきちんと採点して下さり、アドバイスももらえるので、自分の復習しなくてはいけないところが分かります。そのおかげで、効率よく勉強できました。また英単語や漢字の小テストは、毎週行われるので勉強の習慣がつき、高得点を取ると掲示されるので、勉強のやる気にもつながりました。
 二つ目はスタッフの人との関係です。少人数制なのできちんと一人ひとりのことを把握してくれ、相談したら丁寧に答えてくれます。そのおかげで、私は志望校のことや赤本のことなどたくさん助けられました。もしそのサポートがなく、一人で勉強していたら私は合格できていません。
 以上が私が合格できた理由です。浪人していると現役で合格した人たちが気になったりうらやましかったりするかもしれないですが、行きたい大学のために頑張って下さい。また初めの方の模試で成績が良くても、調子にのると後悔するので気をつけて下さい。
 一年間ありがとうございました。
群馬大学(理工)

ADさん(石橋高校 卒)

群馬大学(理工)

千葉工業大学(創造工)

AFさん(小山高校卒 卒)

浪人生活をふり返って
 浪人生として昨年の4月から受験生活を送ってきた中で、現役のときと比べ、「勉強に対する向き合い方」という点で大きな変化があったように感じます。
 私の高校3年生のときの勉強は、行きたい大学が決まっておらず、ただなんとなくテストがあるから、受験生だからそれなりに勉強しとけばいいやと、ぼんやりとした状態で勉強をしていました。その結果、自分の行きたい大学には合格できませんでした。周りの友人が第1志望の大学に次々と合格していくのを見て、このままではいけないと感じ、自分を変えたいと思って浪人を決意しました。
 予備校に通い始めても最初は、今まで勉強習慣が身についていなかったせいで、授業のペースについていくのが大変でした。でも、個人面談等で先生が、ニガテ科目の勉強法や教科ごとに自分にあった勉強法を具体的にアドバイスをしていただけたおかげで、ただなんとなく勉強をしていた高校生のときとは違って、自分がやるべきことは何かをはっきりさせることができました。
 また授業の内容も、大学受験のプロが、大学受験に特化した内容で教えてくれるので、非常にわかりやすく、夏期講習や冬期講習その他の対策授業では自分に必要な教科を分野ごとに細かく集中的に受講することができ、とても役に立ちました。さらにユニークな先生が多く、とても楽しく授業が受けられ、高校よりも長いはずの授業時間があっという間に感じられました。
 このように、私は浪人生活を通して勉強に対する向き合い方や、勉強をする環境、大切さ、その他にも、様々なことを学びそして、行きたい大学への合格を掴み取ることができました。一年間お世話になった沢山の方々に感謝しています。ありがとうございました。
岩手大学(教育)

AGさん(作新学院高校 卒)

駿優予備校での浪人生活
 私は、高校3年の時の受験に失敗して浪人生活となったとき、本当に目の前が真っ暗になり何もする気が起きませんでした。もうすぐに前を向いて勉強をしなくてはならないと頭では分かっていても、行動に移すことはできませんでした。そんな中、親の提案でこの駿優予備校を訪れました。そのときに対応してくれた駿優は、浪人した人の気持ちを深く理解していて、私がまた一年受験と向き合うことに対して、強く背中を押してくれました。私は駿優への入学を決めました。
 入学してからは、私の受験に対する気持ちは一切下がることなく、合格というテープを切るまで最高の状態を維持し続けることができました。駿優で授業をする講師の先生達は、単純な暗記をしなければならないような事は最小限にして、なぜそうなるかという物事の本質に迫る授業を展開します。私の場合、このような授業は、長期間物事を覚えていられる(苦労なく)ことにとても効果的でした。
 また、担任の先生はもちろんサポートに携わるスタッフの人たちは、いつでも受験に関わる話はもちろんのこと生活面に対する不安や悩みに対して親身に考えてくれて、適切なアドバイスをくれます。さらに駿優は、駅から徒歩で5分もかからない位置にあり通学にも便利である上、日々決まった時間に登校することで自分のペースを保つことができます。私は浪人生と現役の時で、このペースを保つことに大きな変化がありました。皆さんが思っている以上に、一日のリズムを保つことは重要です。自分なりにローテーションをぜひ決めてみてください。
 もう一つ私が言えることは、受験に挑む心構えとして、私が(俺が)受からなかったら誰が受かるんだ!(いや誰も受からない)と言えるぐらいにまで、自分の努力を日々積み重ねろ!と言うことです。誰でも本番は緊張します。その緊張を力に変えられるほどに無我夢中に勉強してみてください。
 いずれ楽しくなってきます!皆さんの合格を祈っています。
山形大学(工)

AJさん(宇都宮中央女子高校 卒)

駿優での1年
 私は昨年、大学受験に失敗し、もう一度大学受験に挑戦しようと思ったので、駿優宇都宮校に入学することにしました。この予備校に通おうと思った理由は、自宅から15分で通える距離にあるためです。大手予備校に通うということも考えましたが、通学時間がかなり変わるというところから、昨年の失敗の原因であると考える「勉強時間の不足」をふまえて時間をより多く確保できる駿優を選びました。
 授業が始まってからは、今までの高校の授業とは違い受験のための勉強を教わって、本格的にセンター・二次を突破するための基礎力をつけていかなくてはいけないと思いました。駿優での前期の授業は、高校3年間の復習をしてくれるので、自分の基礎力にどれだけヌケ・モレがあるのかの再確認ができました。予習→授業→復習のサイクルがしっかり出来れば、自ずと力はついていくと思います。私は、思い出すと後悔するようなことが多かった気がしますが。
 また、私は人の目がないと勉強できない質なので、家の他に勉強できる場所があったことでとても助かりました。空きコマや授業後に自習室を使ったり、夏期・冬期講習時には空いている教室で勉強したり、授業がなくても予備校に行くようにして、勉強時間をとにかく増やしました。私はこの一年間、根を詰めて勉強していた記憶がありませんが、振り返ってみて私が志望校に合格したのは、コンスタントに勉強を続けていたことが大きかったのではないかと思います。
 あとは、友達ができれば1人で溜め込むことなく毎月頑張れるし、担任やスタッフの方々にも相談に乗ってもらえて受験に対する不安も薄れると思います。進路がブレブレだった私も、最終的に行きたいと思える大学へ進学することが出来て本当に良かったです。
 この1年間、私を支えてくれた方々に感謝したいです。ありがとうございました。
山形大学(農)

東京農業大学(応用生物)

AKさん(宇都宮中央女子高校 卒)

自分と向き合う時間
 私がこの1年間、駿優で浪人して良かったなと感じたことは、志望校に合格できたことはもちろんですが、自分とじっくり向き合う時間を持てたということです。
 私は高校時代陸上部に所属し、毎日忙しい生活を送っていました。大学ややりたいこともパッとせず、でも今思うと忙しいことを理由に、自分の将来について考えることから逃げていたと思います。第一志望に落ち、どこに進学するかとなったとき、自分は本当に何も考えていなかったなと反省し、このまま進学しても一生後悔すると思い、浪人を選択しました。
 いざ浪人をして驚いたことは、とにかく授業がおもしろいことです。高校では習わないマニアックな話や、予備校の先生自身の大学時代の研究の話…。私は、この1年間で初めて「大学で勉強したい!」と思うようになりました。勉強の面白さを知れたことは、自分にとって本当に重要なことだったと思います。また、予備校の先生の話を聞いていると、世の中には色々な人がいて、色んな生き方があるんだなと思いました。先生自身もいくつも大学を出ていたり、知り合いの研究者の話だったり、何だかすごい機関に所属している知り合いの話だったり…。今まで学校という限られた場でしか生活してこなかった分、この1年間で自分の世界が広がったと思います。
 浪人生活で色々な人と出会って、色々な話を聞いたことで、今まで自分には無かった様々な考え方が、できるようになりました。自分がこれからどうしていきたいのか考える、貴重な時間だったと思います。この1年間で得たものの価値は計り知れません。
 1年間苦労した分、合格発表で自分の番号があった時はびっくりするくらい嬉しかったです。去年、妥協しなくて本当に良かったです!やっと掴み取った大学生活、決して無駄にせずさらに逞しく成長してこようと思います!
山形大学(農)

東京農業大学(応用生物)

ALさん(鹿沼東高校卒)

一年で変わった
 浪人が決まった時は、色々なことを考えました。一年で学力が上がるのだろうか。この先の自分の人生はどのようになるのだろうか。たくさんの不安を抱えたまま予備校を探しました。自分は、宇都宮に出てくるまで1時間近くかかる所に住んでいたので迷いました。大宮に行くには時間がかかり過ぎる。授業形式の予備校に行きたいけど、インターネットの検索にかかるのは映像式の予備校ばかり。どうしようかと思っていると、「駿優」という予備校が目にとまりました。宇都宮駅の目の前で、授業形式。ここしかないと思いました。
 駿優に通いだし、生活にも慣れてきた。駿優の先生がたは、とても詳しく色々なことを教えてくれます。各教科に精通した先生だから学習については「すごい」の一言につきます。でも、予備校の先生は、予備校の先生だからわかることも教えてくれます。高校の3年間では決してわかることのできない、違うなにかがきっとわかると思います。
 今は、右も左もわからずフワフワしていて不安なことが多いと思います。でも、一年間で変われることはとても多いです。頑張れば学力は上がるし、自分に自信もつくし、僕自身は行きたいと高3の時に思っていた事とは違うところに進学することになりました。昨年受かっていたら、絶対に行くことがなかった道です。だからこれから浪人する方は「落ちてしまった」と暗くならずに、「変わるチャンスができた」とプラスに頑張ってください。一年もあれば人間は今とは全く違ったものに変わることができます。
高崎経済大学(地域政策)

APさん(大田原高校卒)

Re:ゼロから始めた浪人生活
 私は高校3年生のとき、私立大学はセンター利用も含め全て落ち、国立大学も前期・後期共に落ちてしまい、絶望していました。周りの友達は皆、大学進学を決めていて、自分だけが遠くに取り残された気がしました。今までやってきたことが無意味だったのかと思うと、勉強に手がつけられない日々が続いていました。しかし、周りの人からの応援もあり、もう一度ゼロからやり直してみようかな、と思い、そこで駿優の名前を知りました。試しに体験授業を受けてみると、あまりの授業の良さに驚きました。特に英語と現代文は、これが大学に合格するための解き方かと実感するほどでした。
 駿優に入ってからは、予備校のテキストを中心に勉強しました。テキストは先生が自分で、生徒のレベルに沿って作っていて、どれも良問でそろえられています。だから、現役のように市販の問題集を闇雲にやるよりも、予備校のテキストを何週もしたほうが断然早く自分の力となるでしょう。また、毎週実施される小テストは基礎固めをするいい機会なので、小テストにも力を入れて取り組むことをオススメします。実際、駿優で「行きたい大学」に行けた人のほとんどが、毎回この小テストで高得点を取っていました。
 浪人して合格するかは、前期から夏期講習まででどれだけ勉強したかで決まると思います。しっかり勉強していた人は、後期の難しい授業内容に十分ついていくことができ、逆にやっていなかった人は、授業の理解度にヌケモレがあったまま、再び入試をむかえることになります。私は、前期の後半あたりから勉強に対して甘えが出て、妥協してしまいました。結果的に国立前期試験に不合格し、後期試験での合格となりました。これから駿優で頑張りたいと思っている人は、特に前期から集中して勉強に取り組んでほしいと思います。
秋田県立大学(システム科学)

AQさん(作新学院高校卒)

駿優での一年間を振り返って
 駿優で勉強した一年間は、かけがえのないものとなりました。私の高校生活を振り返ると、とても堕落した三年間だったと思います。三年間ろくに勉強もせず、ダラダラと過ごしていました。受験生となってもそれは続き、センターは大失敗で行ける大学が無い状況でした。センターが終わった後、大学がどうこうではなく、自分の人生に不安になりました。私は、大学に入りたいというのは勿論、自分の人生を変えるきっかけにしたいと思い、浪人を決意しました。
 駿優の先生方は、基礎から丁寧に解説してくれるので、授業に遅れるということはあまり無かったです。私は、英語がかなり苦手でしたが、鈴木先生や大澤先生の授業のおかげでだいぶ点数が取れるようになり、英語の勉強が楽しいと思えるようになりました。英語が苦手だったせいか、一番最初の英語の授業では感動したぐらいです。(笑)
 駿優には自習室があり、そこはとても素晴らしいと感じました。自習室では、他の生徒達も必死に勉強をしていて、「自分も勉強しないと!」という気持ちにさせられます。集中して日々の学習に励むことができました。
 また、スタッフの方々も優しく接してくれたので、とても居心地がよかったです。進路や学習に関しての相談等もしやすかったです。
 最後に、この一年は辛い時もありましたが、私にとってとても充実した一年でした。この一年のおかげで、私の学習に対する意識を変えることができました。また、大学合格の喜びを感じることができました。これらはスタッフの方々、先生方、両親など自分を支えてくれた人達のおかげです。この一年の経験を糧に、大学四年間さらには自分の人生をしっかりと歩んでいきたいと思います。ありがとうございました。
国立看護大学校(看護)

ARさん(宇都宮女子高校卒)

駿優で良かった!!
 私は前期は宅浪し、後期から駿優で勉強するという浪人生活でした。私の体験記が、これから浪人する方に少しでも参考になれば嬉しいです。
 駿優での学習で大切なことは、積極的に質問や相談に行くことです。後期の数学の授業は、レベルが高く不安に感じたため谷川さんに相談すると、文系数学の授業を勧めてもらいました。志望校のレベルにもすごく合っていて受けて良かったです。文系数学を受けるという選択肢は、自分の中に無かったので、相談して良かったと本当に思います。
 また、質問や添削もどんどんして下さい。生物の記述や英作文は、自分1人では出来ないので私は毎回行っていました。先生方にアドバイスをもらい、何度も何度も見てもらうことで、自分でも出来るようになっていることを実感できました。最初は質問に行くことが恥ずかしいかもしれませんが、超基礎的な質問でも分かるまで教えてくれるので大丈夫です。
 そして私は、駿優の雰囲気が好きです。スタッフの方は1人1人の名前を覚えてくれていて、受験の話や勉強に関係のないおしゃべりをしたり、アットホームな感じで勉強の息抜きにもなりました。
 私は、第一志望の大学には合格できませんでしたが、1つランクを落としてA判定の大学を受けようとした時、谷川さんに行きたい大学を受けるべきだと背中を押してもらいました。結果は良くなかったのですが、全く後悔はしていません。そう思えるのは、駿優で自分の出来る精一杯の勉強をやれたからだと思います。
 浪人生活は苦しく、辛いです。でも行きたい大学に合格した時は、辛かったことを全て忘れるほど嬉しいです。来年の春に皆さんが合格するのを心から応援しています。駿優で頑張ればきっと大丈夫です!
星薬科大学(薬)

明治薬科大学(生命創薬科)

dさん(宇都宮女子高校卒)

浪人で成長できた!
 現役時代、私は将来やりたいこと・夢も見つからず、ただ漠然と毎日を過ごしていました。高校三年生の夏に、ようやくやりたいことが見つかり、入試に臨みましたが、結果は全滅でした。勉強を基礎からやり直そうと思い、自宅から通いやすく、面倒見の良い駿優宇都宮校に通うことに決めました。
 実際、通ってみると通学時間が短く、余分なストレスをかけずに済みました。また、毎週、英語や国語の単語テストがあるので、このテストをしっかり行うことで、暗記物を効率よく覚えることができました。
 また、私は家で勉強が全くできない人間だったので、自習室の存在はとてもありがたかったです。授業後や空き時間は、自習室に入り浸っていました。さらに、同じ場所で勉強していると飽きるタイプだったので、日によって空き教室と自習室を使い分けていました。夏期講習や冬期講習では自習時間が増えるので、ダラダラ勉強しないように、タイマーを使って勉強していました。勉強がはかどらない日もあると思いますが、工夫次第で乗り越えられると思うので、きっと大丈夫です!
 浪人生活を振り返ると、長いようで短かったです。辛いことはもちろんありましたが、人間として成長できるな、と思います。人は、自分のやりたいこと・目標があるから頑張れると思うので、浪人生活を目標に到達できるチャンスだと思って突っ走ってみて下さい!
津田塾大学(学芸-英文・国際関係)

日本女子大学(文)
東京女子大学(現代教養)

nさん(栃木女子高校卒)

 私は、現役時代にあまり勉強をしないまま受験生活を終えてしまい、納得がいかなかったのでもう一年頑張ることに決めました。
 駿優は駅から近く、少人数制というところで決めました。結果として、私はあまりメンタル面が強くないので、アットホームな雰囲気の駿優はとてもあっていて、一年間頑張りきることができました。また、友達と励まし合えてよかったです。
 志望校が英語重視の大学だったので、一番苦手な英語を人一倍頑張ろうと決めました。小テストを毎回頑張ったり、前期や後期の授業の予習・復習で去年よりもかなり力を伸ばすことができました。また、私は家で勉強があまり出来ないタイプだったので、自習室をたくさん活用しました。家と予備校でのオンオフを切りかえることができてよかったです。
 今年の反省点は、赤本をあまり早く解き始めなかったことです。まだ基本ができていないといって、赤本をギリギリまでやらないと直前でとてもあせることになってしまいます。
 また、自分の一番入りたい大学は、どんな方式の入試がどれくらいあるのか知っておくことは大切だと思います。やっぱり入試のチャンスは、一つでも多い方がいいです。
 去年は絶対に届かなかったあこがれの大学に入れて、とても嬉しいです。予備校で学んだどんなことでも主体的になってやったほうがいいということを、忘れないでこれからも頑張りたいです。駿優で一年間勉強できて本当に良かったです。
日本女子大学(文)

pさん(栃木女子高校卒)

やって良かった!
 私が駿優に入学したきっかけは、友人の紹介でした。高校の先生方には、大手に行かなくて良いのかと言われましたが、どこに入ろうと結局は自分次第だと思い、通いやすくて面倒見が良いと評判の駿優を選びました。
 次に日々の過ごし方について、私は受験生活は自分の落ちる要素を日々削っていくものだと考えていました。入試で落ちる理由としては、当然ですが学力の不足が中心になってきます。これの改善のために学習法、学習時間、休憩時間、精神、体調を整えていきます。学習時間が多ければ多いほど良いということではありません。勿論大事ではありますが、何よりも、どこでも言われていることですが、順序と内容が大事です。それも一年間ずっと同じことをしていればいいというわけでもありません。定期的に点検し、改善しなくてはなりません。これが一番難しいと思います。これについては、今から本を読んだり、先生に相談するなどして自分なりの方法を見つけていってください。
 一年と言えば、夏期は現役生がまだ部活動中でかつ浪人生の春からの成果が出始めるので、物凄く偏差値が伸びますが、秋から伸びにくくなり、入試も近くなって精神的に辛くなってきます。そういうものと思っていて良いと思います。それでも伸ばすことは可能なので、諦めないで進んでいってください。
 偉そうに書いてしまいましたが、私は第一志望校に受かってません。恥ずかしいですが、今振り返ってみると精神的な弱さと、何より基礎が固まってなかったのだと思います。志望校がどこであれ、基礎学力不足で落ちるものなので本当に大事です。後期から古典と英語の単語が疎かになっていました。英文法も、週に数回でも作文を書いて覚えれば良かったのかもしれないと反省しています。
 皆さんには悔いのない、やって良かったと言える一年にして欲しいです。